オープンソース/Linux

情報システムのトピックス-PR-

Linuxコマンド集 INDEX

  Linuxのコマンドをカテゴリ別にまとめました。コマンドの動作、構文、オプションの意味までを掲載しています。コマンドの基本を学びたい方は「Linuxコマンド道場」を参照ください。ファイルの操作からテキスト・ファイルの処理方法まで,例題に基づいて学べます。

Linuxコマンド集

コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

カテゴリ一覧

シェル・コマンド | ファイル管理 | システム管理 | ジョブ・プロセス管理 | テキスト・ファイル操作 | ネットワーク管理関連 | ネットワーク・クライアント関連 | セキュア・シェル(SSH)関連 | デバイス関連 | 印刷関連 | 符号化操作(圧縮・展開・エンコード・デコード) | パッケージ関連 | mtools関連(MS-DOS互換) | その他

アルファベット順メニューへ

シェル・コマンド

&
コマンドをバックグラウンドで実行する
&&
1つ目のコマンドが正常終了した場合に2つ目のコマンドを実行する
:
何もせず,0を返す
.
シェル・スクリプトを実行する
>
出力のリダイレクト
>>
出力をファイルへ追加する
<
入力のリダイレクト
<<
入力の終端を通知する
|
コマンドの出力を次のコマンドの入力として渡す
||
1つ目のコマンドの実行に失敗した場合に2つ目のコマンドを実行する
;
コマンドの区切り
#
コメントを記述する
[
条件式の真偽を判定する
alias
コマンドの別名を登録する
bg
ジョブをバックグラウンドで実行するよう切り替える
break
ループ構造から抜け出す
builtin
シェル・コマンドを優先して実行する
case
条件分岐構造を作る
cd
ディレクトリを移動する
command
コマンドやシェル・コマンドを優先実行する
continue
ループ内の特定の行を飛ばす
dirs
記録しているディレクトリを表示する
enable
シェル・コマンドを有効化,無効化する
env
環境を変更してプログラムを実行する
eval
複数の変換処理を一度に行う
exec
現行のジョブに置き換えてコマンドを続行する
exit
ログアウトする。プロセスを終了する
export
変数を大域変数として追加する
fg
フォアグラウンドでジョブを実行するよう切り替える
for
ループ制御構造を作る
function
シェル関数を定義する
history
コマンドの実行履歴を表示する
if
条件分岐構造を作る
jobs
実行中のジョブを表示する
popd
スタックに保存したディレクトリに戻る
pushd
カレント・ディレクトリをスタックに保存して移動
read
読み出したファイルを解釈する
readonly
変数を読み込み専用にする
return
戻り値を返して関数を終了する
select
ループ制御構造を作る
set
シェルのオプションを設定する
shift
引数を1つずらす
suspend
現在のシェルの実行を停止する
test
条件式の真偽を判定する
times
コマンドが使用した時間を表示する
trap
システム割り込み時の処理を設定する
type
コマンドに関する情報を表示する
ulimit
コマンドに割り当てる資源を制限する
umask
ファイル作成時のパーミッションを指定する
unalias
コマンドの別名を抹消する
unset
変数の定義を解除する
until
ループ制御構造を作る
wait
プロセスおよびジョブの終了を待つ
while
ループ制御構造を作る
ファイル管理
次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITproの豊富なコンテンツをご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

ラズパイマガジン

PCとして、電子工作
マシンとしてRaspberry Piをトコトン楽しむためのムック!