• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【 fg 】 フォアグラウンドでジョブを実行するよう切り替える

2006/02/27 日経Linux
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

fg  フォアグラウンドでジョブを実行するよう切り替える (Shell)

 構文  
fg [%jobsid]

 オプション  
%jobsid フォアグラウンドへ切り替えるコマンドのジョブ番号を指定する

 説明  

バックグラウンドで実行しているジョブをフォアグラウンドに切り替える。ジョブ番号を省略した場合はカレント・ジョブ(+のついたジョブ)に切り替える。


 使用例  
viをフォアグラウンドへ移行する
$ jobs
[1]   Stopped                 jman ls
[2]-  Stopped                 vi mail.temp
[3]+  Stopped (signal)        lynx http://linux.nikkeibp.co.jp
$ fg %2

 関連事項  
&bgjobsstopkillpsプログラムを再開する

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ゼロから挑戦!IoT開発】

    IoTには必ずバグがある

     単純なコーディングミスからインタフェースミスマッチまで、多様なバグがIoTに生息している。IoTシステムの仕様に未確定の部分があったり、構造や機能が複雑になったりすると、バグは飛躍的に増える。その種類も多様で、昆虫図鑑が作れるほどだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る