• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【 continue 】 ループ内の特定の行を飛ばす

2006/02/27 日経Linux
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

continue  ループ内の特定の行を飛ばす (Shell)

 構文  
continue [N]

 説明  

for,select,until,whileを用いたループ構造の途中で,残りの行の実行を中止し,次のループを開始する。以下に示したような構文がシェル・スクリプト中にある場合,条件式1にある終了条件が満たされるまで,コマンド1を実行,加えて条件式2を満たした場合のみコマンド2を実行,コマンド3を実行,コマンド1を実行…というループを実行し続ける。例えば,コマンド2を実行した場合は,コマンド3を実行したくない場合,コマンド2とfiの間にcontinueと書かれた行を追加すればよい。n重ループ中で一挙に先頭から実行を開始するには,continue nとする。


 使用例  
whileループの先頭に戻る
while [条件式1]
do
  コマンド1
  if [条件式2]
  then
    コマンド2
  fi
  コマンド3
done

 関連事項  
breakforselectuntilwhile

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る