• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【 ulimit 】 コマンドに割り当てる資源を制限する

2006/02/27 日経Linux
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

ulimit  コマンドに割り当てる資源を制限する (Shell)

 構文  
ulimit [-acdflmnpstuvHS] [N]

 オプション  
-a 設定されている各種の制限を表示する
-c プロセスがファイルへコア・ダンプする容量を最大Nブロックに制限する
-d プロセスのデータ領域のサイズを最大Nキロ・バイトに制限する
-f 出力ファイルのサイズを最大Nブロックに制限する
-l メモリーにロックできるサイズを最大Nキロ・バイトに制限する
-m メモリーの使用量を最大Nキロ・バイトに制限する
-n ファイル・ディスクリプタの数を最大N個に制限する
-p パイプのサイズを最大N×512バイトに制限する
-s スタック・サイズを最大Nキロ・バイトに制限する
-t CPU時間を最大N秒に制限する
-u ユーザー1人が起動できるプロセス数を最大N個に制限する
-v シェルが利用できる仮想メモリーを最大Nキロ・バイトに制限する
-H いったん設定した制限を解除できなくする
-S -Hで制限した最大値以内の値を設定する
-t コマンドの型を表示する

 説明  

利用可能なメモリー量やCPU時間など,コマンドに割り当てる資源を制限する。上限の量をNで与える。以下の例ではコマンドが利用できるCPU時間を最大1秒に制限している。1秒を超えると「強制終了」と表示されて,実行が停止し,シェルに制御が戻る。


 使用例  
コマンドが利用できるCPU時間を最大1秒に制限する
ulimit -t1

 関連事項  
top

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る