• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【 if 】 条件分岐構造を作る

2006/02/27 日経Linux
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

if  条件分岐構造を作る (Shell)

 構文  
if 条件 then コマンド fi

 説明  

条件分岐構造を作る最も基本的なコマンド。if 条件式 then コマンド fi,if 条件式 then コマンド1 else コマンド2,if 条件式1 then コマンド1 elif 条件式2 then コマンド2 else コマンド3 fi,という3つの構文がある。以下の例は,3番目の例である。この場合,条件式1を満たした場合はコマンド1を,条件式1を満たしていないが,条件式2 を満たした場合はコマンド2を,条件式1,条件式2とも満たさなかった場合はコマンド3を実行する。


 使用例  
2つの条件によって,3つの処理に分かれる例
if [条件式1]
then
  コマンド1
elif [条件式2]
then
  コマンド2
else
  コマンド3
fi

 関連事項  
case

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【カード決済はこう変わる】

    間違い多発?落とし穴の多い改正割販法対応

     インターネットショッピングでの代金支払いや店舗での買い物を支えるクレジットカード。そのクレジットカードを支える仕組みが変わろうとしている。一般消費者の目線では、2020年をめどにクレジットカードを使う時の本人確認方法が従来の署名から暗証番号の入力に段階的に変わっていく見込みである。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る