• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「従業員の3分の1が職場のパソコンにゲームをインストール」!)!)米ウェブセンスがEIMソフトの導入を推奨

和田英一 2003/03/27 ITpro

 米Websenseは,職場におけるパソコン・ゲームの使用状況に関する調査結果を米国時間3月26日に発表した。それによると,従業員の3人に1人が業務用パソコンにゲームをインストールしているという。就業時間中にプレイするゲームも従来からよくみられる(Windows標準の)ソリティアなどではなく,Quake,EverQuest,Snoodなどより高度で本格的なものになったという。

 「IT管理職の半分以上が,“職場からオンライン・ゲーム・サイトにアクセスする従業員がいる”と回答した。その上,人事部門管理者の55%は,職場でゲームをプレイする従業員を問題視している」(同社)

 Websense社マーケティング担当副社長のAndrew Meyer氏は,「企業に初めて打撃を与えたのは,ブロードバンド・インターネット接続の普及によるオンライン・ゲームの流行」と説明する。

 「しかし現在従業員は,出所の怪しいゲームをCD-ROMからインストールしたり,PtoPネットワークを使って無料ゲームをダウンロードしたりする。この種のゲームには,(ウイルスなど)悪意を持ったコードが入っているかもしれない。従業員のほとんどはセキュリティ上の問題に気付いていない。しかも,職場のパソコン・ゲームのせいで,ヘルプ・デスクの業務が無駄に増えてしまう」(同氏)

 こうした状況に対処するには,同社のEIM(employee Internet management:従業員インターネット管理)ソフトウエア「Websense Enterprise v5」を導入し,職場でのパソコン・ゲーム使用を制限すればよいという。

 「パソコン・ゲームがより楽しくインタラクティブになるにつれ,ますます多くのブロードバンドWebアクセスが必要になり,従業員の心を奪ってしまう。Websense Enterprise v5は,オンライン・ゲームへのアクセス,PtoPによるゲームのダウンロード,CD-ROMからのゲームのインストールを管理できる唯一の製品となる。インターネット・ゲートウエイ/ネットワーク/パソコン・レベルで動作しないEIM製品は,機能が足りない」(Meyer氏)

◎関連記事
米ウェブセンス,インターネット・アクセス管理ソフトの新版「Websense Enterprise v5」を発表
300%増加したP2P型のWWWサイト,映画やゲームの交換で企業の帯域幅とセキュリティ問題が深刻化
2002年に535%増加したP2Pサイト,従業員の職場からのアクセスに米Websenseが警告
「オンライン・ゲーム市場は2007年に6億5000万ドル規模に」,米In-Stat/MDRの調査
「成長するオンライン・ゲーム市場,2006年には1億1400万人が利用」,と米調査会社
「会社のネットワークが従業員の遊び場に! オンライン・ゲームが急成長」,と米ウェブセンス
「従業員の4人に1人がインターネット依存症,認識している企業はたったの8%」,と米ウェブセンス
損失額は実に年間630億ドル!? 職場における個人的なネット利用で米企業が被害

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る