インフラ構築/運用

ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び

第3回:安易なストレージ投資は後悔のもと、足固めをしておこう

2012/02/14

岩上 由高=ノークリサーチ シニアアナリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストレージというと、昨今では「ビッグデータにも対応できる専用アプライアンスの大企業における導入」や「個人やビジネスマンによるオンラインストレージサービスの活用」といったトピックが話題になる。

 いずれも、データの処理や共有における新しい潮流といってよい動きだ。その一方で、企業内に蓄積される従来型データも増加しており、それらの格納場所である既存のストレージも喫緊の課題となっている。そこで、今回はこうした「足元のストレージ」の現状と今後について考えていく。

中小企業でもRAID対応LAN接続型ハードディスクが当たり前

 まず、ストレージ活用状況を形態別に俯瞰(ふかん)してみよう。次のグラフは年商5億円以上~500億円未満の中堅・中小企業および年商500億円以上の大企業に対し、「今後導入を予定している最も重要なストレージの形態」を尋ねた結果を、年商別に集計したものである(図1)。

図1●導入を予定している最も重要なストレージの形態
図1●導入を予定している最も重要なストレージの形態
出典: 2010年版 中堅・中小企業におけるストレージ環境の実態と展望レポート(ノークリサーチ)

 この結果の中から、注目すべきポイントを年商規模別に詳しく見ていくことにする。

■年商5億円以上~50億円未満の中小企業

 この年商規模の企業で最も多くを占めるストレージの形態は、「LAN接続型ハードディスク」である。

 中小企業では、必要とされるストレージの容量が少なくて済む。そのためPCやサーバー、もしくはサーバーに近い役割の共用PCに内蔵されたハードディスク容量で足りてしまうことも多い。別筺体のストレージに求められるのは、バックアップ先としての役割だった。

 だが近年では、バックアップ作業の効率化やデータ共有による業務効率化といった利用者側のニーズと、メーカー側の差別化戦略が重なり、ネットワーク接続が可能な外付けハードディスク(ここでは「LAN接続型ハードディスク」と呼ぶ)が数多く登場した。

 中小企業であっても、データを安全に保管したいという意識は高い。そのため、中小企業向けのLAN接続型ハードディスクでも、RAIDへの対応は当たり前と言って良い状況になっている。バッファローやアイ・オー・データなど外付けハードディスクで高いシェアを持つメーカーは、LAN接続型ハードディスクでも高いシェアを堅持している。

クラウド連携によって手軽になる遠距離レプリケーシ...

1 2 3 4 5 次ページへ
次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ