• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米QUALCOMM,携帯電話機のクライアント・ソフトの新版「BREW 3.0」と開発キットを発表

早坂利之 2003/11/20 ITpro

 米QUALCOMMは,携帯電話機用アプリケーション・プラットフォームの新版「BREW 3.0」とソフトウエア開発キット「BREW SDK」を米国時間11月18日に発表した。

 新しいクライアント・ソフトは,取り外し可能なストレージ・メディアやシリアル・インタフェースのサポートを追加してマルチメディア機能を増強している。また,通信事業者は,ビジネス・ユーザー,企業を含むユーザーのグループ管理が可能となり,カスタマイズした無線アプリケーションを提供しやすくなる。

 BREW 3.0対応の携帯電話機のユーザーは,メモリー・カードからサウンド・ファイル,写真といったマルチメディア・コンテンツにアクセス可能になる。また,シリアル・インタフェース・ポートをサポートするため,シリアルかUSBケーブルを使ってキーボードやPCに簡単に接続できるようになる。両機能ともセキュリティが施されている。

 通信事業者は,グループ管理機能を利用して無線アプリケーションの管理ができるようになる。自動インストールとアップグレード機能を使えば,ターゲットとする顧客の携帯電話に直接アプリケーションをインストールすることも可能。

 BREW SDK開発ツールは,新しいBREW SDKシミュレータを提供するため,デバイスごとの仕様情報をBREW SDKシミュレータに入力すれば,実際の条件に近い形でアプリケーションのテストができる。その他の新しい機能には,アプリケーション開発の効率化を図るための「MIF(Module Information File)」,「BAR(BREW Application Resource)」コマンドライン・コンパイラなどがある。

 同社は,携帯電話機の製造メーカー向けに現在BREW 3.0を提供している。同クライアント・ソフトを搭載した携帯電話機は,2004年夏に出荷が見込まれる。BREW 3.0 SDKに興味があるBREW開発者は,同社WWWサイトから無償でダウンロードできる。

◎関連記事
「世界各地のメーカーが当社の携帯電話機向けチップセットを採用」,米QUALCOMM
米QUALCOMM,アジア/欧州/北米でWCDMA/GSM間のハンド・オーバー試験に成功
米QUALCOMMと米SanDisk,3G CDMA機器でminiSD,SDカードをサポート
「米国の消費者は,スマートフォンよりもシンプルな携帯電話を好む」,米Jupiterの調査

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る