• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「9月のウイルス被害ワースト1は『Klez-H』,デマ情報にも要注意」,英ソフォスの調査

早坂利之 2002/10/03 ITpro

 英Sophosが米国時間10月2日に,2002年9月におけるコンピュータ・ウイルスの被害状況をまとめた調査結果を発表した。最も被害が拡大したウイルスは「Klez」の変種「W32/Klez-H」だった。

 2002年9月のウイルス被害ワースト10は以下の通り。

1.    W32/Klez-H         (Klez variant)           20.4%
2.    JS/Except-Fam      (Except Trojan)          15.5%     初ランクイン
3.    JS/NoClose         (NoClose Trojan)          7.5%
4.    W32/Duni-A         (Duni)                    4.9%     初ランクイン
5.    W32/Frethem-Fam    (Frethem)                 4.2%     再ランクイン
6.    W32/ElKern-C       (ElKern variant)          4.0%
7.    W32/Yaha-E         (Yaha variant)            3.5%
8.    W32/Nimda-D        (Nimda variant)           2.9%
9.    W32/Nimda-A        (Nimda)                   2.2%     再ランクイン
10.   W32/Badtrans-B     (Badtrans variant)        1.8%

その他                                           33.1 %

出典:Sophos社

 「2位のトロイの木馬型ウイルス『Except』は,米Microsoftの『VM ActiveX』のセキュリティ・ホールを利用する。このタイプのウイルスを防止するには,パッチをすぐに当てることだ」(Sophos社技術コンサルタントのChris Wraight氏)

 また,ウイルスに関するデマも頻繁に流れている。Wraight氏によると,ほとんどのユーザーがウイルス攻撃による損害の大きさを認識しているために,これほど多くのデマが真剣に取りあげられてしまうのだという。「ユーザーは受信した警告をむやみに信じるのではなく,慎重に考える必要がある。IT部門で1人の担当者を決め,ウイルス警告が真実か虚偽かを判断し,デマが広がることを防ぐべきである」(同氏)

 2002年9月における偽情報のワースト10は以下の通り。

1.    JDBGMGR                                     24.8%
2.    Budweiser frogs screensaver                  6.7%
3.    Bill Gates fortune                           6.5%
4.    WTC survivor                                 5.7%
5.    Hotmail hoax                                 5.1%
6.    A virtual card for you                       4.9%
7.    Meninas de Playboy                           4.2%
8.    Frog in a blender/fish in a bowl             3.1%
9.    JS/Exploit                                   1.7%
10.   Nigerian letter                              1.6%

その他                                           35.7%

出典:Sophos社

◎関連記事
“暮しの手帖”的なセキュリティ情報を
「5カ月連続で届け出が1000件超,長期化するKlezウイルスの被害」――IPAが報告
英ソフォスが2002年前半のウイルス被害ワースト10を発表,1位は「Klez-H」
アンチウイルス・ソフトの不備による企業の損失は数100万ドル規模,米Hurwitz Groupと英MessageLabsが発表
「ますます巧妙になるワームの手口,2002年も対策を怠るな」---専門家が警告
「4月はKlezウイルスが大暴れ,届け出は1000件超で全体の過半数」――IPA
米社が2002年3月のウイルス被害ワースト12を発表,1位は「Worm/Klez-E」
「11september.exe」に要注意――米同時テロ事件に関する内容を装った電子メール・ワーム「Chet」が発生

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る