• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「無防備なパソコンをネットにつなぐと20分でウイルス感染」,米BFG

ITPro 2005/12/03 ITpro

 「無防備なコンピュータをインターネットに接続すると,20分以内にコンピュータ・ウイルスなどに感染する可能性が高い」。米BFG Technologiesは,セキュリティ関連の情報を提供するWebサイト「Firewalls and Virus Protection」のSecurity Alerts News Reporterを引用して米国時間11月28日に紹介した。

 ホリデー・シーズンに向けて同社では,コンピュータをハッカー,ウイルス,個人情報の窃盗から守るために,インターネットを利用していないときにパソコンを物理的にインターネット接続から切断させるように呼びかけている。

 非営利団体の全米サイバー・セキュリティ連盟(NCSA:National Cyber Security Alliance)は,「切断することによって,何者かがコンピュータにアクセスするチャンスを減らすことができる。ウイルス対策ソフトがアップデートされていない,またはファイアウオールを装備していなければ,何者かによってコンピュータが感染させられ,インターネット上の他の人にダメージを与えるために利用される可能性がある。自分自身,および他の人を守るために,コンピュータを使わないときにはネットから切断すべきだ」と勧めている。

 同社によれば,現在,インターネットを介して感染するコンピュータ・ウイルスが11万2000種類以上見つかっている。また,現時点で,米国だけで1000万人を超える個人情報窃盗の被害者がおり,コンピュータ・ウイルスは,前年だけで米国企業におよそ550億ドルの損害をもたらしているという。

 インターネットを積極的に利用しているユーザーの63%近くは,ブロードバンド接続でコンピュータを継続的に接続させている。同社マーケティング・ディレクタのJohn Malley氏は,「多くの人は認識していないが,ブロードバンド接続はインターネットの閲覧の有無にかかわらず常に“オープン”な状態となっているため,コンピュータはハッカー,ウイルス,ワームのターゲットとなっている」と説明している。

 「ウイルス対策プログラムといったソフトウエア・ベースのソリューションは必要なものであり実装が勧められているが,これらにもセキュリティ・ホールがある。ハードウエアのファイアウオールでさえも,新しい脅威に対応するために継続的にアップグレードする必要があるため,サイバー攻撃に対する脆弱性が増している」(同氏)

 同社は,デスク上に置いてスイッチのオンとオフにより,インターネットへの接続と切断を行なう製品「Internet Traffic Cop」を紹介している。有線と無線接続の両方に対応する。システムの再起動,再設定,またはソフトウエアのインストールやアップデートは必要ない。Internet Traffic Copの価格は49ドル。全米の小売店で販売されている。

◎関連記事
「米国では5人に1人が個人情報窃盗の被害に」,米調査
「米国人2670万人がスパイウエアによって個人情報をハッカーに提供」,米調査
「ボット機能を持つウイルスが多数出現,加害者にならないために対策を」---IPA
「企業がセキュリティ確保で懸念しているのはハッキングやウイルスなど」,加Nortelの調査
「ウイルス対策だけではない」、マカフィーが新アプライアンスでイメージ刷新

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る