• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

Firefox 5がリリース、次版は8月

尾崎 憲和=ITpro 2011/06/24 ITpro

 6月21日(米国時間)、Firefox(FF)の新版であるバージョン5がリリースされた。Internet Explorerに次ぐ高いシェアを持つ大型製品のメジャーバージョンアップなので、本来であれば注目されるところだが、あまり大きく取り上げられることはなかった。もはやブラウザーのバージョンアップは小さなニュースでしかないのかもしれない。

「Firefox 5」が日本語版含め正式版リリース、Android版も同時公開

Firefox 4の国内ダウンロード数が200万を突破、世界でも1億突破目前

「Firefox 4」が正式公開後24時間で720万ダウンロード、IE9の3倍

Mozillaが「Firefox 4」正式版をリリース、従来より最大6倍高速

 そう考える理由は二つある。

 一つは、バージョンアップのサイクルが極端に短くなっていること。かつてブラウザーのメジャーバージョンアップは数年に一度の大きなイベントだった。しかし、今や一年に数回の年中行事になりつつある。FFの場合、「3」から「4」までは2年8カ月かかっているが、そこから今回の「5」まではわずか3カ月。今後はさらに短期化し、「6」は8月16日リリースの予定。その後は6週間ごとに新版をリリースしていくとされている。

 結果として、メジャーバージョンアップといっても、一つひとつを見れば前バージョンとの差分があまりない。FF5の場合、Linux版でCSSアニメーションがサポートされたほか、安定性向上と性能強化を図ったというのが主な改良点だ。

 もう一つは、バージョンアップがあまりに簡単に行われてしまうことだ。かつてブラウザーのバージョンアップといえば、「ダウンロード→インストール→場合によってはOS再起動」という手順をすべて手作業で行うものだった。特に支障がない限り、パソコンを購入したときにインストールされていたブラウザーのバージョンをそのまま使い続ける人も多い。

 現在のブラウザーはダウンロードやインストールが全自動または半自動で行われるようになっている。Google Chromeの場合、強制アップグレードの仕組みがあり、ユーザーが気づかないうちにバージョンがどんどん上がっていく。その裏では新版を前提にクラウドサービスが機能強化していたりするから、ユーザーが意識しないまま新技術の利用をじわじわ拡大させていくという循環が生まれつつあるのだ。

Google、音声入力機能を実装した「Chrome」安定版をリリース

Googleが「Chrome」の最新安定版、JavaScriptを最大66%高速化

Google、Webブラウザ「Chrome」の最新安定版をリリース

「Google Chrome」最新版、Flash実行機能を正式提供

「Google Chrome」最新版、Windows/Mac/Linux向けを同時に開始

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ もう一つの出来事
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る