• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【 at 】 指定時刻にジョブを実行する

2006/02/27 日経Linux
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

at  指定時刻にジョブを実行する (1)

 構文  
at [-q queue] [-f file] [-mldbv] TIME

 オプション  
-q queue 指定したキューを使用する。queueにはa~z,A~Zのうち1文字を指定できる。ただし,aはatが,bはbatchコマンドが使用する。優先度はaが一番高く,Zが最も低くなる
-f file ファイルからジョブを入力する
-m ジョブが終了した後,ジョブの出力がなくてもメールで終了を知らせる
-l 実行待ちのジョブを表示する
-d ジョブを削除する
-b 自動的にジョブを実行する
TIME ジョブを実行する時刻を指定する。日付は,MMDDYY,MM/DD/YY,MM.DD.YYなどで指定できる。ただし,MMは月をDDは日をYYは年の下2 桁を表す。時間はhh:mmで指定できるほか, midnight(真夜中),noon (正午),teatime (午後4時)などを指定することもできる

 説明  

指定した時間にジョブを実行する。実行結果はメールで登録者に送られる。atはコマンドなどを標準入力で指定することになる。コマンドを入力し終えたら,Ctrlキーとdキーを同時に押すことでatコマンドから抜け出せる。


 使用例  
0時にloginに関するlogを切り出す
$ at midnight
> echo -n "Jan 10 : " >> login.log
> gerp -c "Jan 10.*: (login)" /var/log/message >> login.log
> ^d ←[Ctrl]キーと[D]キーを同時に押す

 関連事項  
atqatrmbatchcrontab指定日時にプログラムを動かす

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【北川 賢一のIT業界乱反射】

    富士通株価上昇のナゾ

     春の珍事と言うべきか、はたまた当然の結果と見るべきか。富士通の株価が急上昇し、2年ぶりの高値を付けた。富士通は4月28日の取引終了後に前年度比5%の減収、2%増益の2016年度連結決算を報告したが、その後の2週間で株価が15%上昇し、5月11日には800円の高値を付けたのである。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る