SCHEDULE スケジュール

  • イノベーターズ会議

    テーマ「グローバル経営」

    日時:2017年4月25日(火)
    場所:目黒雅叙園

previous next

詳細はこちら

MOVIE ムービー

ここでしか聞けないイノベーターたちの本音の議論が変革につながるヒントになる。会員だけが参加できるイベントの様子を動画でご紹介します。

「他社の視点」を知ることができる。明確に語られることはなかったのですが、イベント全体を通じて「グローバル化」というキーワードが前提にあるのだろうと感じました。世界のプレイや−と戦うために、この会合があると思います。
(ネットサービス)

多種多様な企業のリーダーの考え方を聞くことができ、参考になりました。「デジタル化が進むと差異化できる」という反論があったシーンが印象的でした。
(金融)

今までにないイベントの形式と進行で、楽しみながら学ぶことができました。特にディスカッションのパートでは「シナリオなし」「本音ベース」の議論が飛び交うので、自分に意識改革を促し、知見を深めることができました。一橋大学の楠教授の講演「イノベーションの本質」は非常に良かった。
(化学)

講演者のプレゼンが素晴らしかった。さらに、会場のレイアウトやネットワーキングの時間が取られており、運営面も配慮されていたと思います。
(化学)

改革について考える時間、各社のディスカッションを聞く時間が、日常では得られない体験でした。とても触発されました。「考え方」に関する話はとても興味深かったです。オリックスの宮内氏の「人生は大きなリスクの中にある」という話を聞き、業務リスクとの付き合い方を考えさせられました。
(ネットサービス)

他社の取り組みを聞くことで、インスパイアされました。
(精密機械)

講演後の質疑応答でのやり取りを通じて、講演者の考えや思いなどを聞くことができ、興味深かった。
(化学)

会場にいなければ、理解したり感じ取ったりできない話が聞けるのが魅力です。
(ネットサービス)

コンテンツは魅力的。日本のITの将来のためにも、多くの人が参加すべきかと思います。エグゼクティブメンバーの本音、温度感を共有できるのは、とても素晴らしいことだと思います。ITとは直接関係はないものの、「企業のブランディング」に関する議論はとても興味深かったです。
(精密機械)

previous next

ABOUT 日経ITイノベーターズとは

本物が集結、”異文化交流”で相互研鑽する唯一無二の場

グローバル社会では「攻めのIT経営」や「デジタル革新」を実現する企業が競争優位を獲得し、売り上げと利益を大幅に増加させています。しかし、そうした国内企業はまだ少ないのが現実です。現状を打破するには、「技術活用を軸に企業変革を推進するリーダー」すなわち、「ITイノベーター」の存在が欠かせません。
日経ITイノベーターズでは、強い会社の変革者約100名を「エグゼクティブメンバー(幹事会員)」として組織化。トップITイノベーターともいえるエグゼクティブメンバーを推進役に、次世代を担うビジネスパーソン(一般会員)、パートナーであるIT企業・コンサルティング会社(賛助会員/イベントパートナー)、経営者・有識者(アドバイザリーボード)を交え、デジタル経営革新のあり方について本気で議論・情報発信する唯一無二の場であり、「変革できるリーダー」を養成するための全く新しいプログラムです。各ステークホルダーが相互研鑽する比類なき会員制サービスとして、注目ください。

SUPPORTING MEMBERS 賛助会員 SUPPORTING MEMBERS 賛助会員

2017年2月28日現在

アビームコンサルティング
アクセンチュア
EMCジャパン
富士通
日立製作所
インフォマティカ・ジャパン
伊藤忠テクノソリューションズ
JBCCホールディングス
日本マイクロソフト
NEC
日本CA
日本リミニストリート
日本テラデータ
野村総合研究所
NTTデータ
ポリコムジャパン
SAPジャパン
SAS Institute Japan
SCSK
新日鉄住金ソリューションズ
Tableau Japan
TIS