知っておきたいBtoBマーケティングのきほん

著作権や肖像権は大丈夫?コンテンツ執筆時の「NG」を理解しよう

2017/12/07 イノベーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像のクリックで拡大表示]

 コンテンツといえば「ブログ」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
 ブログといえば、昔は個人で書いているものがほとんどでした。しかしWeb業界を中心に徐々に流行りだし、最近ではBtoB企業も取り組み始めています。

「コンテンツマーケティングを実施したおかげでコンバージョンが増えた!」 という声を聞く機会は確かに多いです。

 ですが、「コンテンツマーケティングをなんとなく始めた」や「著作権とかあるけどあやふやのまま運営している」という人も多いはずです。 そして気づかずにNGなことをしている場合も…。

 今回はそんな人に対して、3つの注意点を紹介していきます。

コンテンツマーケティングとは

 そもそもコンテンツマーケティングとはどういったものなのか、再確認したいと思います。

 コンテンツマーケティングとは、顧客に対して価値のある情報を制作、提供し続けることで、購買意欲を創出し維持するためのマーケティング手法です。 Yahoo! JAPANが実施した、「コンテンツマーケティングの実施者/非実施者1,030人に対する調査」によると、実施者の約75%が効果を実感している有力な手法です。

 ちなみに、コンテンツマーケティングについては、以下の記事で紹介しているので、詳しく知りたい方はご覧ください。

コンテンツマーケティングのメリットと課題、問題点

1 2 3 次ページへ
次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ