• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Apple、電子書籍関連の集団訴訟で消費者への和解金は4億ドル

鈴木 英子=ニューズフロント 2014/07/17 ITpro

 米Appleが電子書籍の価格調整を巡る集団訴訟で、消費者に4億ドルを支払うことで合意していたことが分かったと、複数の米メディア(Wall Street JournalNew York Times)が現地時間2014年7月16日に報じた。

 Appleは今年6月に、同集団訴訟で和解に向けた基本合意に達したと伝えられたが、詳しい条件については明らかにしていなかった(関連記事:Apple、電子書籍の価格操作を巡る集団訴訟で和解合意)。原告は「Appleの価格操作により消費者は電子書籍に2億8000万ドル余分に支払った」と主張し、その3倍にあたる合計8億4000万ドルの損害賠償を要求していた。

 同集団訴訟にはテキサス州など33州も加わっており、Appleはこれら州に対しても訴訟費用など2000万ドルを支払うと米Forbesは報じている。

 Appleは2012年4月に、出版大手5社と共謀して電子書籍の価格を不当につり上げたとして米司法省(DOJ)に訴訟を提起され、昨年7月に米独占禁止法違反の判決を受けた(関連記事:Apple、電子書籍の価格操作問題で独占禁止法違反の判決)。

 Appleはこの判決を不服として上訴しており、集団訴訟の和解金の支払は上訴の結果次第となる。上訴裁判所がAppleの主張を認めた場合、消費者への和解金は5000万ドル、あるいは取消になる可能性がある。

 なお、Appleと共謀したとされる出版5社はすでに和解に応じており、合計で1億6600万ドルの和解金を支払っているという(英Financial Timesの情報)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    IoTで一石二鳥、オークマが日立Lumadaを活用

     工作機械のオークマは、日立製作所のIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤「Lumada」を新鋭工場「Dream Site2(DS2)」へ導入し、2017年6月に本格稼働する。同社の既存工場と比べて時間あたりに処理できる部品加工の作業量を2倍に増やし、多品種少量生産の効率を高める。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る