• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 ファイル内の大文字を小文字に変換する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 ファイル内の大文字を小文字に変換する
$ dd if=target_file of=change_file conv=lcase

 「dd」コマンドを用いると,ファイル内の大文字をすべて小文字に変換することができる。引数の「if」は入力ファイル,「of」は出力ファイル,「conv=lcase」は大文字を小文字に変換することを表している。また,小文字を大文字に変換する場合は「conv=ucase」を用いる。


 応用:タブをスペースに置き換える
$ expand tab.txt > space.txt

 テキスト中のタブをスペースに置き換える。このとき「-t数字,数字・・・」オプションを用いることで任意のタブ位置を指定できる。逆にスペースをタブに置き換える場合は「unexpand」を用いる。


$ unexpand -a space.txt > tab.txt

 「-a」オプションにより,すべてのスペースがタブに置き換わる。「-a」を付けないと,最初に現れたスペースだけが対象になる。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る