情報システムのトピックス-PR-

【 ls 】 ファイルやディレクトリの情報を表示する

2006/02/27
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

ls  ファイルやディレクトリの情報を表示する (1)

 構文  
ls [-abcdfhiklmnopqrstuxABCFGLNQRSUX1] [-w cols] [-T cols] [-I pattern] [--full-time] [--help] [name...]

 オプション  
-a, --all ドット・ファイル(ファイル名の先頭にピリオドがあるファイル)を含んだすべてのファイルを表示する
-b, --escape ファイル名に表示できないコントロール・コードなどが使われている場合,8進数3ケタ(\\ddd)で表示する
-c, --time=ctime, --time=status ファイル・ステータスを変更した時間順にソートして表示する。-lオプションと一緒に使用すると内容更新時間がステータス更新時間として表示される
-d, --directory [name]にディレクトリを含んでいる場合,ディレクトリの内容ではなくファイルと同様に表示する
-f ソートせずにディレクトリ内の順番に沿って表示する
-h 単位などを読みやすい形式で表示する
-i, --inode ファイル名の左にインデックス番号を表示する
-k, --kilobytes ファイル・サイズをキロ・バイト単位で表示する
-l, --format=long, --format=verbose ファイルの詳細も同時に表示する。ファイル名,ファイル・タイプ,パーミッション,ハード・リンクの数,オーナー名,グループ名,バイト・サイズ,タイム・スタンプの順に表示する
-m, --format=commas ファイル名をカンマで区切って表示する
-n, --numeric-uid-gid ユーザー名,グループ名を数字を使用して表示する
-o, --color, --colour, --color=yes, --colour=yes ファイル・タイプによって色を付ける
-p ディレクトリ名の最後に/を付けて表示する
-q, --hide-control-chars エスケープ・コードなど表示できない文字列は?と置き換えて表示する
-r, --reverse 逆順にソートして表示する
-s, --size ファイル名の左側にキロ・バイト単位でファイル容量を付加して表示する
-t, --sort=time タイム・スタンプ順にソートして表示する
-u, --time=atime, --time=access, --time=use タイム・スタンプの代わりにアクセス時刻でソートして表示する。また,-lオプションと一緒に使用すると,タイム・スタンプがアクセスした時間に変更される
-x, --format=across, --format=horizontal 水平方向にソート順にファイルを表示する
-A ".."や"."を表示しない
-B, --ignore-backups ファイルの最後にチルダ(~)が付いているファイルを除外して表示する
-C, --format=vertical 上下方向にソート順にファイルを表示していく
-F, --classify ファイル名にファイル・タイプを表す記号を付けて表示する。ディレクトリは"/",実行可能ファイルは"*",シンボリック・リンクは"@",FIFOは"|",ソケットは"="で表わす
-G, --no-group -lオプションでグループを抜いた形で表示する
-L, --dereference シンボリック・リンクはリンク先のファイルが表示する
-N, --literal エスケープ・コードが含まれていても変換せずに表示する
-Q, --quote-name ファイル名をダブル・クォーテーションで囲んで表示する
-R, --recursive ディレクトリ内容を再帰的に表示する(ディレクトリ内をすべて表示)
-S, --sort=size ファイル・サイズ順にソートする
-U, --sort=none ソートせずにディレクトリ内の順番に沿って表示する
-X, --sort=extension 拡張子でソートして表示する
-1, --format=single-column 1行に1ファイルずつ表示する
-w, --width cols 端末の幅をcolsとして表示する
-T, --tabsize cols タブ幅をcolsとして表示する
-I, --ignore pattern patternにマッチするファイルは表示しない
--full-time タイム・スタンプについて曜日,月,日付,時間,年すべて表示する
--help lsコマンドの使用法を表示する
name 指定したファイルやディレクトリのみを表示する。ワイルド・カードを使用することもできる

 説明  

ディレクトリやファイルの情報を表示する


 使用例  
カレント・ディレクトリのすべてのファイル情報を詳細に表示する
$ ls -al
total 251
drwxr-xr-x   8 hoge     hoge         1024 Nov 16 19:04 .
drwxr-xr-x   6 root     root         1024 Nov 13 23:57 ..
-rw-r--r--   1 hoge     hoge         1423 Nov 13 23:57 .Xdefaults
-rw-r--r--   1 hoge     hoge          124 Nov 13 23:57 .bashrc
lrwxrwxrwx   1 hoge     hoge           15 Nov 16 23:11 bin -> /usr/local/bin/
drwx------   2 hoge     hoge         1024 Nov 14 00:03 nsmail
drwxr-xr-x   5 hoge     hoge         1024 Nov 16 02:40 public.shtml
-rw-rw-r--   1 hoge     hoge           30 Nov 16 03:54 test.txt

 関連事項  
cdpwdディレクトリ内のファイルを一覧するファイル・サイズを適当な単位で表示する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

これ一冊で完全理解 Linuxカーネル超入門

はじめてLinuxに触る人や初心者でも楽しく仕組みを理解できる!