ネットワークのトピックス-PR-

「検索とモバイルをどうつなげるかに取り組む」,ビル・ゲイツ氏

2005/06/27
大谷晃司

 「検索とモバイル(携帯電話)をこれからどうつなげていくかをマイクロソフトとして取り組んでいきたい」――。6月27日,米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクト(写真)が都内で「次世代検索を語る」と題して講演,携帯電話を強く意識した。

 ビル・ゲイツ会長は,日本はブロードバンドの普及率とインターネット接続可能な携帯電話の普及率の点で世界で類を見ない先進的な市場であることを指摘。その中で,同社が23日に発表し,25日から日本でも提供を開始した同社開発の検索エンジン「MSNサーチ」正式版に代表される検索技術が携帯電話向けにも必要との認識を示した。

 また携帯電話向けの技術などで,日本での研究開発を強化することも説明。同社MSNサーチ コーポレートヴァイスプレジデントのクリストファー D.ペイン氏によると「現在,携帯電話市場に向けた戦略を立案中」であるとした。

(大谷 晃司=日経コミュニケーション

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、ITproは一切の責任を負い ません(ITproからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

▲ ページトップ

日経コンピュータ Digital

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

NTT30年目の決断

「成熟化・土管化・同質化」の三重苦に先手。裏方に回る10兆円企業の戦略を徹底解剖