企業ネットの最適ソリューションを追及する
日経コミュニケーション
日経コミュニケーション
最新号の紹介 2017年1月号 No.636

[特集]企業ネットを変える
2017年注目の新技術

 ブロックチェーン、コミュニケーションAI、エッジコンピューティング─。本誌は2017年の企業ネットワークに大きなインパクトを与える技術としてこの3つに注目した。AIは顧客とのコンタクトを変え、ブロックチェーンやエッジコンピューティングは企業ごとに閉じたIoTを業界横断の基盤に変え得る力を持つからだ。未来でなく「実用期にある技術」として、業務やビジネスでの活用も始まった。先進企業の取り組みと共に注目技術のポイントを紹介する。

最新号の目次 バックナンバー
2017年2月号
【特集】
深化する “キャリア経済圏”
 トークノートは2017年1月23日、企業向けに社内SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の機能をクラウド型で提供するサービス「Talknote」を強化し、定められた労働時間を超えて働いている社員を検知する新機能「オーバーワーク検知」を追加したと発表した。
 NTTデータは2017年1月23日、PCで実施する定型業務をソフトウエア型のロボットで代行・自動化する「RPA」を推進する部門横断型のチームを発足すると発表した。部門間の情報共有を推進し、人工知能など先進技術を組み込んだRPAの導入コンサルティングや業務アウトソーシングサービスをユーザー企業に提案していく。
 三菱UFJフィナンシャル・グループが、社内システムの一部をパブリッククラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)上に刷新すると決めたことが2017年1月23日に分かった。5年で100億円規模のコストを削減するのに加えてシステム構築の期間を短縮。フィンテック分野などで重要性が増している迅速なシステム開発を実現する。

日経コミュニケーション公式のFacebookTwitter始めました

トレンドマイクロ 代表取締役社長(CEO) エバ・チェン氏
 SDN(Software Defined Networking)はネットワークのアーキテクチャーの大きな変革であり、様々なエリアに大きな影響を及ぼす。SDNがもたらすセキュリティ・アーキテクチャーの変化について聞いた。

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ