IDC Japanは2017年6月30日、2017年第1四半期(1月~3月)の国内サーバー市場動向を発表した。2017年第1四半期の国内サーバー市場規模は1265億円で、前年同期から5.7%減少した。出荷台数は13万9500台で、前年同期から1.3%増加した。

2017年第1四半期の国内サーバー市場におけるベンダーシェア(出荷額)
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 出荷額がマイナス成長となった要因は、「メインフレーム」および「その他のサーバー」の出荷額が前年同期比で2桁のマイナス成長となったことである。「x86サーバー」の出荷額も前年同期比1.0%減で939億円となり、プラス成長要因にはならなかった。

 一方、出荷台数は、前年同期比でプラス成長となった。全サーバー出荷台数の99%を占める「x86サーバー」の出荷台数が、前年同期比1.3%増で13万8000台とプラス成長だったことが要因となっている。また、「その他のサーバー」の出荷台数もプラス成長だった。

 「メインフレーム」の出荷額は、前年同期比11.7%減で234億円だった。「その他のサーバー」の出荷額は、前年同期比27.9%減で93億円、出荷台数は前年同期比4.9%増の1326台だった。

 「メインフレーム」と「その他のサーバー」の出荷額が2桁のマイナス成長になった要因は、前年同期にあった官公庁、金融、製造向けの大型案件を補うほどの出荷がなかったことや、「その他のサーバー」における低単価の中小型サーバーの出荷比率が増加したことである。

 ベンダー別の出荷額では、富士通が首位を獲得した。「その他のサーバー」は2桁のマイナス成長だったが、「x86サーバー」は、官公庁や大企業向けの出荷が貢献し、2桁のプラス成長となった。「メインフレーム」も、金融の大型案件が貢献し2桁のプラス成長だった。

 2位は、NECだった。前年同期の大型案件の反動で、「メインフレーム」では2桁のマイナス成長、「x86サーバー」もマイナス成長だった。

 3位は、日本ヒューレット・ パッカード(HPE)だった。「x86サーバー」は2桁のマイナス成長だったが、「その他のサーバー」は、通信の大型案件が貢献し2桁のプラス成長だった。

 4位は日立製作所だった。前年同期の大型案件の反動で「メインフレーム」と「x86サーバー」は2桁のマイナス成長だった。「その他のサーバー」もマイナス成長だった。

 5位は、デルだった。「x86サーバー」は2桁のプラス成長だった。通信などへの大口案件が貢献した。