XACKの「XACK DNS TM200アプライアンス」は、ドメイン名とIPアドレスの対応表を管理して相互に変換する、DNSサーバー機である。自社開発のDNSサーバーソフト「XACK DNS」を、PCサーバー機にプリインストールして、アプライアンスとして提供する。

XACK DNS TM200アプライアンスの外観
(出所:XACK)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトウエア面の特徴は、すべてのコードを自社で開発したこと。Bindなどのオープンソースに由来する脆弱性が含まれないとしている。これにより、脆弱性を修復するパッチを適用するといった運用管理から解放される。さらに、オープンソースよりも高速に動作するとしている。

 運用面では、オープンソースのBindとの互換性を確保した。DNSのゾーン情報ファイルをBind互換にして、Bindからの移行を容易にした。また、Webブラウザーから日本語メニューで操作できるWebインタフェース画面を備える。

 ハードウエア面の特徴は、日本ヒューレット・パッカードの小型PCサーバー機「HPE ProLiant Thin Micro TM200」を採用したこと。サイズは高さ49.5×幅254×奥行き254ミリメートルで、重さは2.83キログラムと、場所を選ぶことなく設置できる。電源は120ワットのACアダプタで供給する。

XACK DNS TM200アプライアンスの概要
用途と機能ドメイン名とIPアドレスの対応表を管理して相互に変換する、DNSサーバー機
提供形態自社開発のDNSサーバーソフト「XACK DNS」を、PCサーバー機にプリインストールして、アプライアンスとして提供する
特徴すべてのコードを自社で開発したこと。Bindなどのオープンソースに由来する脆弱性が含まれない。これにより、脆弱性を修復するパッチを適用するといった運用管理から解放される
Bindとの互換性DNSのゾーン情報ファイルをBind互換にしてBindからの移行を容易にした
運用画面Webブラウザーから日本語メニューで操作できるWebインタフェース画面を備えた
ハードウエア面の
特徴
小型のPCサーバー機「HPE ProLiant Thin Micro TM200」を採用
外形寸法高さ49.5×幅254×奥行き254ミリメートル
重さ2.83キログラム
電源120ワットのACアダプタで供給
価格(税別)3年間の保守料を含んで98万円から
発表日2017年9月28日
出荷日2017年10月1日