• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

「iPhone 8」は“革新的”な前面カメラ搭載か、顔認証や虹彩認証実現

小久保 重信=ニューズフロント 2017/02/22 ITpro

 米Appleが開発している次期スマートフォン「iPhone 8」(通称)には革新的な前面カメラ(FaceTimeカメラ)が搭載される可能性があると、複数の海外メディア(米Mac Rumors米9to5Mac米BGRなど)が現地時間2017年2月21日までに報じた。

 この情報は、Apple製品の市場動向やサプライチェーン情報に詳しい台湾KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が顧客向けに出した調査ノートで報告したもの。それによると、次期iPhoneの一部のモデルの前面カメラシステムには、既存のカメラモジュールのほか、画像の立体情報を得るための2つの赤外線モジュールが搭載される見通しという。これにより前面カメラで被写体の構成要素のそれぞれ位置や奥行きといった立体情報が得られるようになるという。

 iPhoneの将来モデルについては、指紋認証機能「Touch ID」に代わり、顔認証や虹彩認証といったセキュリティシステムが導入されるとの観測が流れているが、新たな前面カメラシステムは、そうした用途に利用される可能性があるという。このほか、自撮りの3D画像をゲームに登場するキャラクターの顔として使ったり、将来はAR(拡張現実)/VR(仮想現実)への応用も考えられるとMac Rumorsは伝えている。

  なおKuo氏は、次期iPhoneには合計3モデルが用意され、そのうちの最上位機種にOLED(有機EL)ディスプレーが搭載されると予測している。同氏によると、新たな前面カメラシステムは、このOLEDディスプレーモデルのみに搭載される見通しという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る