• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

NECが専用機の再販でオラクルクラウド提供、「他社に先駆け知見を積む」

広田 望=日経コンピュータ 2017/02/14 日経コンピュータ

 NECと日本オラクルは2017年2月14日、オラクルのクラウドサービス「Oracle Cloud」をNECのデータセンターから提供すると発表した。2017年4~6月中に提供を開始する。NECのクラウドサービスとOracle Cloudを同一データセンター内で接続してシステムを構築できる。富士通もOracle Cloudを富士通の国内データセンターから提供すると2016年7月6日に発表済みで、こちらは2017年3月末までに提供を始める予定だ。

 NECの橋谷直樹執行役員は「Oracle Cloudが提供できることで、柔軟なシステム構築を顧客に提案しやすくなる。NECが強みとするシステム構築、サポート提供といったサービス事業を強化できる」と提携の狙いを話した。

NECの橋谷直樹執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは神奈川と神戸のデータセンターに、Oracle Cloudと同じ環境が従量課金で使える専用機「Oracle Cloud Machine」や「Exadata Cloud Machine」を導入。従量課金で使えるオラクルの専用機をNECが再販する形でOracle Cloudの提供を始める。

 日本オラクルの石積尚幸執行役副社長は「NECがOracle Coud Machineの一次保守を提供する国内最初のパートナーになった。NECの顧客企業はOracle Cloudを含めた一貫したサービスをNECから受けられる」と話した。

日本オラクルの石積尚幸執行役副社長 クラウド・テクノロジー事業統括
[画像のクリックで拡大表示]

 NECがオラクルの専用機を使って提供するサービスは「オラクルが米国のデータセンターから提供するパブリッククラウドと同じ」(石積副社長)だ。オラクル製のデータベース「Oracle Database」やWebサーバー「WebLogic Server」といったソフトをサービス型で使えるようになる。

 橋谷執行役員は「NECのデータセンターで運用するクラウドサービスを使う顧客企業に、オラクル製品を使ってもらいやすくなった」と話した。これまでオラクル製品をクラウド上で使う場合は、米国のデータセンターで提供するOracle Cloudか、オラクルがライセンスを許諾しているAmazon Web Services(AWS)またはAzureを利用するしかなかった。

 NECは同社製SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)の基盤にもオラクル製品を活用する。地方公共団体向けソリューションの「GPRIME for SaaS」やPLM(製品ライフサイクル管理)ソフト「Obbligato for SaaS」などは、データベースにOracle Databaseが使うことで機能が拡張できるという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る