• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ワークスがISO 27017の認証取得、クラウド型ERPのセキュリティ信頼性を訴求

清嶋 直樹=日経コンピュータ 2016/08/09 日経コンピュータ

 ワークスアプリケーションズは2016年8月9日、クラウドサービスの提供・利用に関する情報セキュリティ管理体制の国際標準規格「ISO/IEC 27017」の認証を取得したと発表した。ISO/IEC 27017は2015年12月に発効したばかりで、国内大手ITベンダーによる取得は初めてだとみられる。

 ワークスは人工知能型ERPシステム「HUE」などパブリッククラウド上で提供するシステム販売を強化している(関連記事:ワークスアプリケーションズが人工知能搭載のERP「HUE」を発表、応答速度は0.1秒以内)。クラウドサービスに特化したセキュリティ認証を取得することで、信頼性の訴求を強める狙いがある。

 ワークスの認証登録は2016年8月4日付で、認証機関はBSIグループジャパン(東京・港)。セキュリティコンサルティングが専門のLRM(大阪市)の支援を受けた(関連記事:「チャットワーク」がクラウドのセキュリティ認証ISO27018取得、国内2例目)。

 もともとワークスはクラウドサービスに限定しない情報セキュリティマネジメントに関する「ISO/IEC 27001(ISMS)」の認証を取得していた。このために構築済みの運用体制をベースとし、80項目程度の追加管理策を策定。6月末から1カ月程度でISO/IEC 27017の認証取得にこぎつけた。

 認証登録範囲には「HUE」の他、マイナンバー管理システム「MKS」と顧客サポートシステム「@SUPPORT」の3サービスの提供者としてのセキュリティ管理体制と、ワークスが採用しているクラウドサービス「Amazon Web Services」の利用にかかわる管理体制が含まれる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【Apple Pay最新事情】

    NFC開放から占うApple Payの未来

     WWDC17におけるApple Payの最大の話題は、新機能「個人間(P2P)送金」の提供だった。一方でiOSエコノミーの開発者らの間では、iOS 11で初めて「NFC(Near Field Communication)」機能の開放が行われて大きな話題になっている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る