• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Wi-Fiのウソとホントを実証

「電波状況が悪いのにWi-Fiにつながり続ける端末を切断する機能」を試した

厚田 大輔=三井情報 2017/03/02 ITpro

 本連載の前回で紹介した実験では、Wi-Fi(無線LAN)でローミングを実行するタイミングを判断しているのは、アクセスポイント(AP)ではなく端末側であることが分かった。また、端末によってはなかなかローミングせずに、通信断の発生後しばらくしてから、ようやく次のAPへ接続先を変更することが明らかになった。

 Wi-Fiのローミングにおける動作は、端末によって違いがある。さらには同一の端末でも、設定によってローミングのタイミングが変わってくることがある。そのため、全ての端末のローミング実行タイミングを管理するのは非常に難しい。

 とは言っても、APと端末の距離が離れるほど、無線通信の誤りが多くなり、データの再送も増える。結果的に、帯域を逼迫する原因にもなる可能性がある。端末がローミングを実行するのを待ち続けるのも問題である。

 それならば、AP側から端末へローミングを促すことができれば理想的だ。企業向けAPの一部には、こうした動作が可能なものがある。そこで今回は、ローミングを促す方法の1つとして、APに実装されている機能(※)を確認してみよう。

* このような機能はAP単体で提供しておらず、ワイヤレスLANコントローラーが必要な場合が多いため注意いただきたい。

電波が弱くなったら強制切断する機能を試す

 今回実験するローミング支援機能は、「端末が利用中のAPから徐々に離れて行き、一定のしきい値を超えた場合にAPから端末に切断フレーム(Disassociation)を送信する」というものだ。

 APのメーカーは、こうしたローミング支援機能を、それぞれ独自の方式で製品に実装しているが、おおよその動きは似ている。図1のように、端末から送信されるフレームの電波強度を確認し、あらかじめ設定したしきい値を下回ったかどうかでローミングするタイミングを判断している。

 ただし、電波強度がしきい値を下回ったフレームが1個出たら、すぐに切断するというわけではない。数秒間で、一定のパーセンテージを超えるフレームの電波強度がしきい値を下回った場合に、切断フレームを送信するようになっているAPが多い。切断フレームを受け取った端末は、これまでつながっていたAPとの接続が無くなったため、最も近いAPなどを選択して再度、接続処理することになる。

 結果的に、遠くのAPをつかみ続けてしまうということを抑止できるのだ。

図1●ローミングを促す切断フレームの発動イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 実際に測定してみて、この機能の動きを見てみよう。...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る