• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Wi-Fiのウソとホントを実証

歩きながらWi-Fiを利用したら通信が途切れても仕方ないのか?

厚田 大輔=三井情報 2017/02/09 ITpro

 同じSSIDを持つWi-Fiアクセスポイント(AP)が複数台あるオフィスで、出社後自席でAPに接続した。そのあと会議室に移動したら、再度接続操作をしなくても会議室のAPに自動的につながった――。このように、同一のSSIDを持つ複数のAPの間を端末を持って渡り歩くことをローミングという(図1)。

図1●Wi-Fi端末のローミングのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 このように端末を持って、移動後に通信が不安定になったという経験はないだろうか。こうした症状は、端末が場所を移動した後も端末が移動する前の遠いAPを掴んだままであることが原因で起こっている可能性がある(図2)。このような場合には、Wi-Fiの切断と接続を試してみると解決することがある。

図2●ローミングがうまくいかない例
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る