• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

US NEWSの裏を読む

Appleが映像配信にテコ入れ、「一人負け」から脱却なるか

小久保 重信=ニューズフロント 2017/09/01 ITpro

 先ごろ米Appleが、オリジナルの映像作品の調達・制作費用として、今後1年間で約10億ドル(約1100億円)を投じる計画だと伝えられ、話題になった。これを報じたのは米Wall Street Journalの2017年8月16日付の記事。記事によると、Appleはこの予算を使って今後、最大10本のテレビ番組を調達するか、独自に番組を制作するという。

ハリウッドのベテランが映像番組部門を統括

 実は、この報道に先立つ今年6月、同社は米Sony Pictures Entertainment傘下のテレビ番組制作会社Sony Pictures Televisionから2人の幹部を迎え入れると発表した。その人物とは、2005年からSony Pictures Televisionで共同社長を務めてきたJamie Erlicht氏と、Zack van Amburg氏。両氏は過去10年間、数多くのヒット番組に携わってきたことで知られる人物である。代表的な番組には、犯罪ドラマシリーズ「Breaking Bad」や、伝記ドラマシリーズ「The Crown」などがある。

 そして両氏は今夏から、iTunes StoreやApple Musicといったインターネットサービスなどを統括するシニアバイスプレジデント、Eddy Cue氏の直属となり、Appleの映像番組部門を率いていくと、Appleは説明していた。

 今回のWall Street Journalの報道によると、Erlicht氏とAmburg氏は8月にAppleのロサンゼルスオフィスで仕事を開始した。今後両氏は、Apple Musicのチームが担っている映像番組制作に関する責任を引き継ぐ。そして10億ドルの予算は、Erlicht氏とAmburg氏管理の下で使われると、同紙は伝えている。

Appleのテレビサービス構想、復活か

  Appleは最近、徐々にだがオリジナルコンテンツに力を入れ始めている。例えば前述した有料音楽配信サービスApple Music内で、アプリ開発者発掘番組「Planet of the Apps アプリケーションの世界」や、音楽ドキュメンタリー番組を配信している。また同社は、米人気トークショーの名物コーナー「Carpool Karaoke」の権利を取得し、今年8月から世界100カ国のApple Music会員に独占番組を配信している(発表資料)。

 Appleは現在、Apple Musicをこうしたオリジナルコンテンツの配信媒体にしている。しかし、今後はサービスを拡充し、それに伴いテレビサービス事業を本格展開する可能性があるといった観測が流れている。

 Appleの映像コンテンツ配信事業については、かねてより同社が定額制のテレビサービスを計画しているとの観測が出ていたが、Appleはその計画の中断を余儀なくされたと伝えられている。海外メディアによると、同社は十数チャンネルをまとめた月額料金30~40ドルのテレビサービスを計画していた。しかし、メディア企業とコンテンツの配信料について協議がまとまらず、計画を断念したという経緯がある。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ OTTサービス各社、オリジナル番組で顧客囲い込み...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る