• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

Apple、Sony Picturesから幹部2人を引き抜き、オリジナル番組に注力

小久保 重信=ニューズフロント 2017/06/19 ITpro

 米Appleは現地時間2017年6月18日、米Sony Pictures Entertainment傘下のテレビ番組制作会社Sony Pictures Televisionから、2人の幹部を迎え入れると発表した。

 Appleに移籍するのは、2005年からSony Pictures Televisionで共同社長を務めてきたJamie Erlicht氏とZack van Amburg氏。両氏は過去10年間、数々のヒット番組に携わってきたことで知られる人物。その代表的な番組には、犯罪ドラマシリーズ「Breaking Bad」や、伝記ドラマシリーズ「The Crown」などがある。

 両氏は今後、AppleのInternet Software and Services部門シニアバイスプレジデント、Eddy Cue氏の直属となり、同社の映像番組部門を率いていく。Jamie Erlicht氏は発表資料の中で、「Appleの映像番組に比類なき品質をもたらしていきたい」と述べているが、詳細は明かしていない。

 ただ、Appleはこれまで有料音楽配信サービス「Apple Music」で、アプリ開発者発掘番組「Planet of the Apps--アプリケーションの世界」や、音楽ドキュメンタリー番組を配信するなど、オリジナル番組の制作、配信事業を徐々に進めている。先ごろは、人気トークショーの名物コーナー「Carpool Karaoke」の権利を取得し、2017年8月から世界100カ国のApple Music会員に独占番組を配信すると発表した。

 こうしたことから同社は今後、オリジナル番組に力を入れ、サービス事業の強化を図るのではないかと米9to5Macは伝えている。米Wall Street Journalによると、近年は米Netflixや米Amazon.comなどが視聴者の囲い込みを狙い、オリジナル番組に力を入れている。2016~2017年のテレビシーズンにおけるオリジナルドラマの数は500本に上り、2011年から、ほぼ2倍に増えたと同紙は伝えている。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    IT業界でいまだにあるある?プロジェクト迷走記

     中堅F:この春にうちの部署に配属になってもう3カ月たったけど、仕事は順調かい? 新人O:はい、何とかやっています。でももうすぐ夏期休暇でホッとしています。でも先輩は元気がないですね。 中堅F:取引先といろいろあってね。「なんでこんなに理不尽な目に遭うんだ!」って思うことがときどきあるんだ。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る