• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

日本通信,ドコモとのレイヤー3接続で海外メーカーの端末を独自調達

松元 英樹=日経コミュニケーション 2008/06/30 日経コミュニケーション

 日本通信は2008年6月30日,NTTドコモ網を使ったMVNOサービスで,海外メーカーの3G端末を独自調達すると発表した。日本通信は,NTTドコモとレイヤー3による相互接続に合意しており(関連記事),2008年7月末に相互接続を完了する。その後は速やかにサービスへと移行する。

 MVNO事業において,NTTドコモが開発を手がけた端末以外でサービスを提供する初めてのケースだという。総務省のMVNO事業化ガイドラインによると,技術基準を満たしていれば,MVNO事業者が端末を自ら調達できるとされている。

 日本通信が調達する3G端末は中国ZTE製で,W-CDMA用に開発されたUSB接続タイプ。コスト面などを重視して端末を選択したという。今後は同様の方法でスマートフォン,携帯電話,電子書籍などの端末を調達するという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る