• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「スパムの15%は『風説の流布』,株価を吊り上げる偽情報」,ベンダーが警告

勝村 幸博=ITpro 2006/06/27 ITpro
大量に出回った「pump-and-dump」スパムのスクリーンショット(米Websenseの発表資料から引用)
大量に出回った「pump-and-dump」スパムのスクリーンショット(米Websenseの発表資料から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティ・ベンダーの英Sophosや米Websenseは6月26日,偽情報で特定企業の株価を吊り上げるスパム(迷惑メール)が大量に出回っているとして注意を呼びかけた。以前からこういったスパムは多数出回っており,Sophosによれば,スパムの15%は株価の操作を目的としたものであるという。

 両社によれば,6月21日以降,ある化粧品メーカーの株価が上がるとする英文のスパムが大量に送信されたという。スパム対策ソフトを回避するために,メールの本文は画像ファイルとしてHTMLメールに埋め込まれている。Websenseでは,今回のスパムはボットネットから送信されたものと推測する(関連記事:1万台以上のボットを操っていた人物逮捕,1日に1800万通のスパム送信)。

 このスパムが原因で,株価は一時的に急上昇し,その後,下降に転じた。スパム送信者は,株価の上昇時に売り抜けて利益を得た可能性が高い。

 このように,偽の情報を流して株価を吊り上げて売り逃げをする違法な手口を「pump-and-dump」と呼び,それを目的としたpump-and-dumpスパムが多数出回っているという。SophosやWebsenseでは,このような手口にだまされないよう改めて注意を呼びかけている。

◎参考資料
Cosmetics company's stock price rises sharply following spam campaign(英Sophos)
What goes up must come down(米Websense)
High volume "pump and dump" stock spam(米Websense)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る