ITアーキテクトの視点

情報システムのトピックス-PR-

Windows 7移行の「やってはいけない」 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2011年11月号pp.32-35
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 「Windows XPを使い続けている企業は、Windows VistaをスキップしWindows 7に移行することになる。Vistaをスキップするのでハードルが上がる」。Windows 7への移行サービスを手掛ける、大塚商会の板垣 智和氏(技術本部 システム技術部門 テクニカルソリューションセンター MSソリューション課 課長)はこう警鐘を鳴らす。

 ハードルが上がるのは、Vistaをスキップしたことによって、XPからの変更点だけでなくVistaからの変更点も一気に対応することになるからだ。そのため、Windows 7へのバージョンアップには、Windows 95からXP、Windows NTからWindows 2000といった、これまでのバージョンアップの常識が通用しないことがある。実際にWindows 7への移行を経験した積水化学工業の原 和哉氏(コーポレート情報システムグループ 理事)は、「XPへの移行までは使えていたOSの展開方法が、Windows 7への移行では利用できず、現場が混乱した」と証言する。

 Windows 7への移行では、クライアントアプリケーションのバージョンアップも悩みの種になる。米MicrosoftのOfficeやInternet Explorer、Outlook Express(Windows 7では「Windows Live メール」が後継ソフトに該当)のバージョンアップでさえ注意が必要だ。

 多くの企業においてWindows 7への移行作業が本格化するのはこれからだろう。ここでは、既にWindows 7への移行を実施した現場や専門家への取材を基に、「やってはいけない」というアンチパターンを紹介する。効率的にWindows 7に移行する上できっと参考になるはずだ。

目次


関連サイト:
プロジェクト・マネージャの「やってはいけない」 ITエンジニアの「やってはいけない」 ITアーキテクトの「やってはいけない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目のセミナー

申込受付中!

演習で学ぶ!
実践RFP作成術
[開催迫る]

お申し込みは今すぐ!
大阪開催:9/ 4(木)