• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

電子行政:スペシャルレポート

まだまだ誤解も多い自治体のWebアクセシビリティ対策

「自治体サイトWebアクセシビリティ調査」(ユニバーサルワークス)より

2006/11/14 日経BPガバメントテクノロジー

清家氏写真
清家 順(せいけ・じゅん)

ユニバーサルワークス代表取締役。

アクセシビリティに配慮したWebサイトの設計・制作、Webアクセシビリティガイ ドライン策定、Webサイトの評価・診断業務を行なう。2003年から毎年実施の自社調査や、日経BP社が実施した調査「利用者への配慮が足りない中央省庁のWebサイト」「自治体サイトアクセシビリティランキング<都道府県編>」)への協力などを通じて、のべ500以上の自治体・中央省庁サイトを調査・診断した実績を持つ。日本広報協会 広報アドバイザー。

 自治体サイトで提供される情報やサービスは、インターネットの普及、ブロードバンド化の進展、新たなWeb技術の採用によって、より表現力豊かで高度なものが求められるようになってきた。同時に、誰もが情報に無理なくアクセスでき、様々な利用者が同等にサービスを受けられるような配慮が求められている。

 自治体サイトにおいては対応が必須となっているJIS規格「JIS X8341-3:高齢者・障害者等配慮設計指針 ─情報通信における機器・ソフトウェア・サービス ─ 第3部 ウェブコンテンツ」(ウェブコンテンツJIS)制定から2年が経過した。「JIS準拠」を明言する自治体サイトも増えてきている。

 本稿では、当社が2003年から毎年行なっている「自治体サイトWebアクセシビリティ調査」を元に、アクセシビリティ対応状況、実装における課題について検証する。調査結果から見えてきたのは「アクセシビリティは向上しているものの、まだ誤解も多い」という自治体サイトの実態だ。次ページ以降「CSSレイアウト」「alt属性」「読み飛ばし機能」についての“誤解例”を見ていこう。

※ 次ページ以降の事例は調査実施時のもので、現在は改善されている場合があります。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ ■半数がCSSレイアウトを採用するが、誤解も
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る