仮想化

新着

SAML型SSO機能追加、シトリックスが「XenApp」と「XenDesktop」の新版7.9
 シトリックス・システムズ・ジャパンは2016年6月17日、アプリケーションやデスクトップを仮想化するソフトの新バージョン「XenApp 7.9」「XenDesktop 7.9」を発売した。複数のログイン認証方法を共通化して使えるSSO(シングルサインオン)機能などを追加した。 [2016/06/17]

S3互換ストレージソフトがActive Directoryで権限管理、Scality RINGに新版
 スキャリティ・ジャパンは2016年6月16日、オブジェクトストレージを構築できるSDS(ソフトウエアデファインドストレージ)ソフトの新版「Scality RING v6.0」を発表した。新版では、Amazon S3互換のAPIでアクセスする際に、Active Directoryで権限情報を管理でき... [2016/06/16]

情報システムのトピックス-PR-

ニュース>> 一覧

SAML型SSO機能追加、シトリックスが「XenApp」と「XenDesktop」の新版7.9
 シトリックス・システムズ・ジャパンは2016年6月17日、アプリケーションやデスクトップを仮想化するソフトの新バージョン「XenApp 7.9」「XenDesktop 7.9」を発売した。複数のログイン認証方法を共通化して使えるSSO(シングルサインオン)機能などを追加した。 [2016/06/17]

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

特集>> 一覧

ネットワーク仮想化で企業システムが変わる
 サーバーやストレージに比べて仮想化が遅れていたネットワークの分野で、ここ1~2年の間に仮想化の新手法が次々と登場した。ユーザーは、サーバー、ストレージ、ネットワークから成るシステムの全てを、仮想化環境上で利用できるようになった。最新のネットワーク仮想化技術を解説する。 [2013/04/01]

今週のトピックス-PR-

連載>> 一覧

News & Trend
東京都足立区がハイパーコンバージド採用、サーバー集約で運用負荷削減
 東京都の足立区役所は2017年度までに全庁の大半のPCを仮想デスクトップ環境に移行する。その基盤として、2016年からCPUやストレージ、仮想化ソフトを集約する「ハイパーコンバージドシステム」を導入。5月までにPC約500台分を収容しており、最終的に約1500台分を収容する計画だ。 [2016/05/19]

ライブラリ

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

ITpro EXPO in 札幌

最新号