資料の入手

新着記事

中野サンプラザが「一人情シス体制で24時間365日稼働」を実現できたワケ

 複数の物理サーバーを仮想化し統合することで運用管理の効率化を図る企業が増えている。しかし、複数のシステムを仮想環境に集約する場合、サーバー基盤にはそれだけ高い信頼性が求められる。

仮想化環境でも安全・快適に「Skype for Business」を使う方法

 社内の電話インフラをPBXから、マイクロソフトの統合コミュニケーションツール「Skype for Business」へと切り替える企業が増えている。Skype for Businessで音声通話、IM、音声会議、ビデオ通話、デスクトップ共有を…

「オラクル史上最もシンプル」にデータベース環境を構築する方法とは?

 最新のソフトウエアとハードウエアを組み合わせ、時間とコストをかけて作り込む。そんな、データベース構築の“常識”が覆され始めた。わずかな時間でデータベース環境を構築できるアプライアンス製品が登場しているからだ。

スマホで内線、拠点と無料通話…ビジネスフォンとPBXをクラウド化したい5つの理由

 メールやグループウエアによるやり取りが一般的になった現在でも、毎日の業務に欠かせないのが電話によるコミュニケーションだ。オフィスの多くで使われている、ビジネスフォンやPBXといった設備も、実はクラウド化することが…

島耕作が聞く! ブライトンホテルズが“内線クラウド化”で維持コストを半減できたワケ

 経営統合や事業拡大でインフラを継ぎ足していった結果、管理の手間やコストが増大するという負の資産を抱えてしまった企業は少なくない。浦安ブライトンホテル東京ベイをはじめとするホテルチェーン「ブライトンホテルズ」を…

職場のストレスチェックが義務化、制度の概要と運用のポイント

 2000年代以降、職場のストレス問題が深刻化し、従業員のメンタルヘルス対策強化の必要性が高まった。こうした状況を受けて、労働安全衛生法の一部を改正する法律が成立。従業員50人以上の全ての事業所に対して…

厚生労働省が無償配布する「ストレスチェック実施プログラム」の利用法を徹底解説

 厚生労働省は、2015年12月1日施行の改正労働安全衛生法に基づき、事業者に「ストレスチェック制度」の導入を義務化。同制度を事業者が円滑に導入するのを支援するソフトウエア「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」…

メンタル不調を未然に防ぐ、ストレスチェックで職場が変わる!

 最近、従業員の健康に配慮する企業こそが高い価値を生み出すとの考えから、経済産業省や証券取引所が「健康経営」という概念を打ち出している。人的資源に手厚く配慮することは、生産性向上の観点から…

個人事業主や中小企業に適した低コストで手間いらずのマイナンバーセキュリティ対策

 マイナンバー制度の2016年1月の運用開始を目前に、多くの企業がセキュリティ対策の導入を急いでいる。しかし、個人事業主や中小企業では、コストや手間の点から、対策に未着手のところが少なくない。

法人向け営業の新規商談獲得と案件育成を支援し、受注率を高めるクラウドサービス

 法人向け営業の活動では、リード(見込み客)を獲得し、アポイントメントを取り付けて案件化することが欠かせない。これらを一気通貫で実施して受注につなげる“できる営業”がどれだけいるかが、全体の売り上げを左右する。

注目コンテンツ