IT仕事術

新着記事

A

コスト削減・効率化

新・ITエンジニア図鑑

技術の強みと弱みを見極める、ITアーキテクトの本分

 ビジネス要件に合わせてインフラやアプリのアーキテクチャー設計を担うのが、ITアーキテクトの役割だ。特に、難易度が高いシステムでITアーキテクトは活躍する。方式設計や技術選択がコアな役割だ。加えて開発者が正しくインフラを利用できるようにフ...

A

働きやすさ

塩田紳二「モバイルトレンド」

これからのモバイルアプリは「深層学習付き」になる?

 どうも世間では、7月22日に放送されたNHKのAI(人工知能)についての番組が話題になっているようです。恐らく、AIについて誤解があるのではないでしょうか。

A

コスト削減・効率化

新・ITエンジニア図鑑

聞くだけでなく現場へ、ITコンサルタントの日常

 顧客とITベンダーの間に入り、システム構築や業務改革の支援をするのがITコンサルタントだ。前例に捉われない新しい提案を続けるために、日々の情報収集や顧客の話しを聞くコミュニケ―ション力が欠かせない。

A

コスト削減・効率化

新・ITエンジニア図鑑

作ることに勝る勉強法はない、フロントエンドエンジニア

 Webブラウザーで動作するフロントエンドアプリの開発に特化しているのがフロントエンドエンジニアだ。HTML/JavaScriptでアプリ的な動きが求められるようになり、重要性が増している。Webブラウザーの機能に加え、DBなどシステム全体...

A

コスト削減・効率化

中堅・中小企業のためのOffice 365入門

第15回 Microsoft Plannerを使いこなす

 Office 365には、プロジェクトなどの共同作業のタスクを円滑にするための「Microsoft Planner(以下、Planner)」が用意されている。今回はPlannerを紹介しよう。Plannerは、グループでの共同作業を管理す...

A

セキュリティ

キーワードで読み解く今どきのセキュリティ

IoTのセキュリティ:中小企業にとっての勘所…保護モジュールとOTA

 IoTという言葉が流行り始めて久しい。ビジネスにおいて無視できないトレンドだが、同時に話題になるのはやはりセキュリティだ。中小企業の場合、IoTセキュリティに関してどのように考えればいいのだろうか。IoTのセキュリティについて議論するとき...

A

働きやすさ

塩田紳二「モバイルトレンド」

旅行にも必携?テーブルタップについて考えてみた

 通常の外出では電源を気にする必要はあまりないのですが、旅行や出張などでホテルに宿泊するといった場合、ホテルでの作業や持っている機器の充電のために、どうしても複数のコンセントを使いたくなります。

A

コスト削減・効率化

新・ITエンジニア図鑑

現場に出向いて観察が信条、ロボットエンジニア

 ロボット向けにアプリケーションを開発するロボットエンジニア。利用シーンを想定して台本を書き、ロボットの仕草によって与える印象などを考えながら開発する。相次ぎ新しい人型ロボットが登場するなど、技術進化の激しい分野だ。

A

コスト削減・効率化

新・ITエンジニア図鑑

儲かる戦略をITとセットで描く、デジタルマーケティングディレクターとは?

 ITを使って顧客とのエンゲージメントを強めたり、直に新たなサービスを提供したりする――。マーケティングがITを活用することで従来と全く違ったレベルで実現できるいま、それを専門的に支援するデジタルマーケティングエンジニアが重要になっている。

A

働きやすさ

IT担当者のための 厳選文具整理術

第43回 独自アイデアあふれる「無印良品の文具」

 品のあるデザインで、洗練された魅力がある無印良品文具。近年では、独自のアイデアを活かしたものが多く、機能性も注目されています。また、有名ブランドの人気製品のプライベートブランド化と思われる商品がいくつもあり、本家よりも低価格になっています...

>> もっと見る

連載一覧

 「従来の枠に収まらない新たなITエンジニアが必要」。IT活用の現場では、こうした要求が高まっている。新技術の登場や新たなビジネスニーズは、ITエンジニアに求められる役割を大きく変えている。いま必要なITエンジニアの各タイプにおける実際の活動や役割、スキルを紹介しよう。

 使いやすさを売りにデビューして以来、PCの外部インタフェースを席巻した「USB」。そのUSBが転機を迎えている。USBは分かりにくいインタフェースになってしまうのか。肥大化したUSBの謎に迫る。

 「働き方改革」は、残業時間短縮や生産性改善に注目が集まりがちだが、ITの職場では心を病むケースも要注意だ。リーダーが実践する、チームを活気づける仕組みに迫る。

 企業向けクラウドサービスで最も使われているであろう「Office 365」。企業は本当にOffice 365の豊富な機能を使いこなせているのか。先進企業の取り組みから、Office 365の使いこなし術を探る。

 LANポートのない軽量PCやタブレットPC、スマートフォンの利用が日常的になった現在、Wi-Fi(無線LAN)は欠かすことができないネットワーク接続手段だ。本特集では、高速でトラブルが少ない無線LAN環境を実現するための製品選択法や使用法を紹介する。

 読み書きが高速で衝撃に強い「SSD(Solid State Drive)」。まだハードディスク(HDD)を使っているなら、PC高速化の切り札と言えるのがSSDへの交換だ。ただ確実な交換には、事前の準備や知識が欠かせない。多様なSSD製品の選び方の基本、交換するSSDにOSやデータを移すテクニック、余ったHDDの活用法など、失敗しないSSD交換術を全方位で解説する。

 マイクロソフトの「Office 365」は、ローカル版のOfficeとクラウドサービスを組み合わせた巨大サービスだ。それだけに企業ユーザーが一見しただけでは奇妙に感じる仕様が残っている。Officeスイートの延長線上で使い始めたユーザーにはめまぐるしく変わるクラウドならではの機能群が、クラウドネイティブなユーザーにとってはOfficeスイート時代からの過去との互換性が、それぞれユーザーの戸惑いを誘う。Office 365ならではの疑問や混乱の解消法をお伝えしよう。

 プロジェクトマネジャー(PM)の能力は、ITプロジェクトの成否に直結する。だが意外にも、本人が無意識のうちに「ダメPM」と呼ばれる場合がある。IT現場の経験豊富なコンサルタントが、実際に見た「ダメPM」を斬る。

 「メモ」や「ノート」などと呼ばれる雑多な情報を管理するための「ノート情報管理」。その代表的なサービスやアプリを具体的に見ていく。

 大事なデータをため込んだまま、ハードディスク(HDD)が壊れた――。誰もが一度はヒヤッとした経験があるだろう。HDDが壊れたときに、まずは何をするべきか。新規参入組の無償サービスから、データ救出のイロハ、個人で使える復元ツールまで、企業ユーザーが知っておきたいデータ救出の鉄則を解説する。

 Office 365を使いこなすために知っておきたいポイントを、QA方式で解説していこう。

 政府が残業時間に関する上限規制案を提示した。案の通りに労働基準法が改正されれば、IT企業やユーザー企業のIT部門の職場にも大きな影響が及ぶ。ユーザー企業のCIO、IT企業で働くエンジニア、有識者などへの取材と、アンケートを通じて、IT業界の現場の「働き方」の実態と問題を明らかにする。

 あなたには「腹心」と呼べる部下がいるだろうか。リーダーの補佐役となる能力を持ち、強い信頼関係で結ばれる。本当に頼りになるそんな部下の育て方を教育コンサルタントの芦屋広太氏が解説する。

 IT人材の獲得競争が熱を帯びる中、企業は優れたIT人材をどう獲得し、育成するか。注目のネット企業やスタートアップ企業などのCTO(最高技術責任者)に、求めるIT人材像を語ってもらう。

 あなたの会議は効率的?2016年11月にITproで実施した「会議実態調査」では、効率的な会議ができているのは13%という残念な実態が明らかになった。

メールに悩んだとき、困ったときはビジネスメール研究所にお問い合わせください。直井研究員や平野所長がアドバイスします。今日も直井研究員と一緒に、ビジネスメールを学びましょう!

 回線交換型、IP型と技術を変えながら、日本のオフィスに長らく定着していたビジネスフォンとPBX(構内交換機)が、いよいよ全面的な見直しの時期にきている。従来型の電話をなくす手法と効果を、働き方の改革とコスト削減につなげた先進事例とともに紹介する。

 多くのメンバーを率いて大きな達成感を得られるプロジェクトマネジャー(プロマネ)。しかし、経験が浅いとなかなかうまく回せないもの。では、本物のプロマネは何が違うのか。専門家が七つの条件を披露する。

 この道20年選手になろうとしているプロマネの宇佐木さん。ウェブシステムを作る小さいIT会社に勤めており、現在は三つのプロジェクトを抱えています。20代の頃にこの会社に転職して以来、多くのプロジェクトを担当してきましたが、このところトラブルが続いているようです。

 紙の書類はデジタル化してしまえば、場所を取らずに管理もしやすくなる。出先でもらった書類をその場でデジタル化するにはどうするか。専用スキャナーを使った方法やスマートフォンを活用する方法を紹介する。

 ネットサービスからの情報漏洩や、SNSアカウントの乗っ取りなど、ユーザーアカウントに関する心配ごとは多い。個人で実施すべき対策は、IDやパスワードを適切に管理することにつきる。特に重要なのは、任意の文字列を指定できるパスワードを適切に設定し、運用することだろう。そこで役立つのが、スマートフォンやパソコンで使える、パスワード管理アプリだ。その代表的な製品の機能や使い方を見ていこう。

 内部パーツや周辺機器の接続、無線通信、映像出力などでPC用の新しいインタフェースが続々登場している。これから普及が見込まれるPC向けの最新インタフェースの仕組みや特徴について解説する。

 スマートフォンのビジネス活用を自前で検討しなければならないビジネスパーソンや個人事業主を想定し、ビジネスで使うスマートフォンの選び方や活用の仕方を紹介する。

 無料のアップグレードやパソコンの買い替えで、Windows 10のユーザーは増えつつある。画面構成はWindows 7に近いので、ある程度は直感的に操作できるだろう。しかし、なじみづらい新機能や仕様変更もある。この特集では、Windows 10をもっと使いやすくするための攻略方法を、目的別に指南する。

 複数のPCから参照するデータは1カ所にまとめておきたい。そうしたニーズに応える周辺機器がNASだ。ビジネスで使うNASはどういった点を気にして選べばよいのか、基本的な知識から設定の概要までを解説する。

 本連載では、全国の中小企業のみなさんがITを有効活用して、業務課題の解決や生産性向上を図れるようにするためのヒントをお話ししていきます。日ごろ「我が社はITを使いこなせていないが、なぜだろう」「どうして我が社はITに投資しないのだろう」といった疑問を感じている方の参考となり、それがITを活用した生産性向上や収益拡大の一助につながれば幸いです。

 PCを使った作業をもっと楽にできないか。そんなとき、PCの買い換えよりも安価で効果的な効率改善の手段がある。ディスプレイを増設する「マルチディスプレイ」だ。USB接続から4Kまで、基本とノウハウを解説する。

 2015年9月、Microsoft Officeの新版「Office 2016」が登場した。「Office 2013」のリリース以来、およそ2年半ぶりのバージョンアップだ。仕事では定番のソフトだけに、新機能や導入の方法をチェックしておこう。

 2016年7月、Windows 7からWindows 10への無料アップグレードが終わる。そのときまでにWindows 10への移行を実施しておきたいところだ。7ユーザーの皆さんのためにWindows 10を分かりやすく解説します。

 眼鏡や腕時計のように身に着けられる「ウエアラブル端末」。単なるオモチャなどではなく、中身は立派なパソコンだ。既にさまざまな分野で活躍している。ここでは、ウエアラブル端末の現在と未来についてレポートする。

注目コンテンツ