ITインフラ整備

新着記事

A

コスト削減・効率化

どうしようもない塩漬けシステム

塩漬けシステム、「第2世代」が残っているうちに手を打つべし

 「俺はあと数年で定年だ。自分がいる間はメインフレームの業務は変えない」。30年にわたってメインフレーム移行の現場にいると、こんな年長者の本音がいたるところから聞かれる。

A

ITインフラ整備

データは語る

プライベートクラウド市場、2021年に1兆6000億円

 IDC Japanによると2016年の国内プライベートクラウド市場規模は前年比44.8%増の3093億円だった。同市場は「従来型ITからの移行」と「デジタルビジネスのプラットフォーム」のニーズが高く、今後も高成長を継続すると同社はみる。

A

コスト削減・効率化

どうしようもない塩漬けシステム

バブル期にSEを救ったITツール、塩漬けシステムの温床に

 「COBOL本数1万本、1000万ステップのバッチ処理をオープン環境へ移行したいのだが、実現できるか」。筆者の元には、メインフレーム上のアプリケーションを移行する相談がよく持ちかけられる。しかし、プログラムの本数はそれほど問題にならない。...

A

働きやすさ

IT担当者のための 厳選文具整理術

第47回 作業効率大幅アップ!個性的な機能が魅力の付箋

付箋は、作業に合ったものを選ぶだけで、効率が簡単に上がる文具です。筆者の感覚では、使うだけで作業効率が3倍アップする、といっても過言ではありません。なかには問題を解決してくれるものまであります。今回は、機能性にすぐれた個性的な付箋を紹介しま...

A

ITインフラ整備

製品&サービス

【NTTデータ先端技術】 仮想サーバーで音声認識、FAX応答などを可能にするCTI装置

 NTTデータ先端技術の「VOISTAGEマルチメディアボックス VS-2301LB」は、クラウド上の仮想サーバーなどから電話回線(INSネット1500やアナログ回線)を利用できるようにするCTI(Computer Telephony In...

>> もっと見る

連載一覧

 多くの企業には、新システムに刷新したくてもできない「塩漬けシステム」がある。経営環境の急速な変化や、エンジニアの高齢化などを背景に、そうしたシステムの問題が顕在化している。

 「従来の枠に収まらない新たなITエンジニアが必要」。IT活用の現場では、こうした要求が高まっている。新技術の登場や新たなビジネスニーズは、ITエンジニアに求められる役割を大きく変えている。いま必要なITエンジニアの各タイプにおける実際の活動や役割、スキルを紹介しよう。

 業務効率化や時短が叫ばれる現在、会議や打ち合わせをいかに効率良くこなすかは重要なテーマだ。PCと周辺機器を活用することで、会議の記録をしっかり残し、最新版の資料を即座に配布することができる。本特集では、ITを駆使した会議のポイントを紹介する。

 LANポートのない軽量PCやタブレットPC、スマートフォンの利用が日常的になった現在、Wi-Fi(無線LAN)は欠かすことができないネットワーク接続手段だ。本特集では、高速でトラブルが少ない無線LAN環境を実現するための製品選択法や使用法を紹介する。

 読み書きが高速で衝撃に強い「SSD(Solid State Drive)」。まだハードディスク(HDD)を使っているなら、PC高速化の切り札と言えるのがSSDへの交換だ。ただ確実な交換には、事前の準備や知識が欠かせない。多様なSSD製品の選び方の基本、交換するSSDにOSやデータを移すテクニック、余ったHDDの活用法など、失敗しないSSD交換術を全方位で解説する。

 今や、自宅でも職場でもパソコンとインターネットの利用は欠かせない。4月から仕事をはじめる新社会人なら、社会人としてのマナーだけでなく、パソコンやスマートフォン、ネットサービスなどITに関するマナーも押さえておきたい。本連載では、新社会人が身につけておきたいITマナーの基本を紹介する。

 大事なデータをため込んだまま、ハードディスク(HDD)が壊れた――。誰もが一度はヒヤッとした経験があるだろう。HDDが壊れたときに、まずは何をするべきか。新規参入組の無償サービスから、データ救出のイロハ、個人で使える復元ツールまで、企業ユーザーが知っておきたいデータ救出の鉄則を解説する。

 企業の秘中の秘であるはずの開発計画などを公にし、研究機関やスタートアップ企業からアイデアや技術を募って、これまでにない製品やサービスを生み出す。それがオープンイノベーションだ。本当に成果が出るのか。パートナー募集やプロジェクトマネジメントはどうすればいいのか。先行企業の担当者を直撃した。

日本HPが2016年10月に出荷を開始した法人向けWindows 10 Mobile搭載スマートフォンの「HP Elite x3」。搭載機能やオプション機器、関連サービスまで含めて、どのくらいビジネス用途に向いているかを検証する。

 消費者の格安志向を受け、中古スマホへの関心が急速に高まっている。携帯電話大手各社は毎年、大量のスマホを下取りしているが、国内の中古市場に流通する端末数は年間200万〜300万台程度にとどまっている。市場が花開かない理由は何か。国内中古スマホ市場の光と影に迫る。

 セキュリティやインターネットの疑問など、ネットワークに関する素朴な疑問を厳選した。年の初めの腕だめしに挑戦してみよう!

 「ネットワーク」を日頃から使っているものの、実体はどんなものかとらえにくい。何となく“つながっているもの”という認識はあっても、具体的なイメージが浮かびにくいからだ。そこで今回は、ネットワークを構成する様々なネットワーク機器を図鑑風に紹介する。それぞれのネットワーク機器に割り当てられた役割から、ネットワークが提供する機能を理解していこう。

 「働き方改革担当大臣」が設置され、働き方改革は今や国を挙げての重要課題。企業での取り組みも進むが、仕事のやり方や習慣を変えるには、抵抗がつきものだ。リーダーシップを発揮し、新しいワークスタイルの定着にまい進する「変革人」の仕事ぶりに迫る。

 これまでの業務フローを見直し、ITを積極的に取り入れて生産性を大幅に引き上げる。そうした「ワークスタイル変革」に取り組む企業が増えている。成果を上げている企業の施策を紹介する。

 なくならないどころか、年々増えるパソコンやスマホのセキュリティ被害。それは〝敵”の手口が高度になっているためだ。「こうすれば守れる」という絶対の対策がない今、敵の手口を知っておくことは極めて有効な防衛策。最新の事件の実態を見て、自分の身に起こったときに備えよう。

 回線交換型、IP型と技術を変えながら、日本のオフィスに長らく定着していたビジネスフォンとPBX(構内交換機)が、いよいよ全面的な見直しの時期にきている。従来型の電話をなくす手法と効果を、働き方の改革とコスト削減につなげた先進事例とともに紹介する。

 標的型攻撃では、いろいろな攻撃者が様々な手法を使う。このため、企業に求められる対策も多岐にわたる。しかし実際に発生したセキュリティインシデントを分析すると、攻撃の目的や攻撃手法で大きく三つに分類できる。

 相次ぐ標的型攻撃。どのような企業・団体にも、標的型攻撃を狙った怪しいメールが送られてくる可能性がある。従業員から「怪しいメールを受け取った」と報告を受けたセキュリティ担当者はどうすればよいか。被害を最小限に抑えるための対応手順や心構えを解説する。

 大事なデータを扱うPCは、アンチウイルスやWindows Updateだけではなく、ユーザー認証を強固にしたり盗難を防いだりするセキュリティ対策も欠かせない。データファイルを保管したストレージなど、周辺機器自体を守らなくてはいけない場合もある。本特集では、PC環境のセキュリティを高める周辺機器を紹介する。

 企業や団体の規模にかかわらずセキュリティ対策は不可欠になっている。しかし100%守れる対策は存在しない。どうすれば被害を最小限に抑えられるか。一緒に考えてみよう。

 自社システムを導入しようと考えた時、フルオーダーでの発注は経費も人員もかかりすぎ、既存のシステムでは、業務に合わないといった企業は多い。そこで検討したいのが「データベースソフト」である。手軽にチャレンジしやすいのがMicrosoftのAccessだ。

 内部パーツや周辺機器の接続、無線通信、映像出力などでPC用の新しいインタフェースが続々登場している。これから普及が見込まれるPC向けの最新インタフェースの仕組みや特徴について解説する。

 無料のアップグレードやパソコンの買い替えで、Windows 10のユーザーは増えつつある。画面構成はWindows 7に近いので、ある程度は直感的に操作できるだろう。しかし、なじみづらい新機能や仕様変更もある。この特集では、Windows 10をもっと使いやすくするための攻略方法を、目的別に指南する。

 複数のPCから参照するデータは1カ所にまとめておきたい。そうしたニーズに応える周辺機器がNASだ。ビジネスで使うNASはどういった点を気にして選べばよいのか、基本的な知識から設定の概要までを解説する。

 本連載では、全国の中小企業のみなさんがITを有効活用して、業務課題の解決や生産性向上を図れるようにするためのヒントをお話ししていきます。日ごろ「我が社はITを使いこなせていないが、なぜだろう」「どうして我が社はITに投資しないのだろう」といった疑問を感じている方の参考となり、それがITを活用した生産性向上や収益拡大の一助につながれば幸いです。

 2016年7月、Windows 7からWindows 10への無料アップグレードが終わる。そのときまでにWindows 10への移行を実施しておきたいところだ。7ユーザーの皆さんのためにWindows 10を分かりやすく解説します。

 眼鏡や腕時計のように身に着けられる「ウエアラブル端末」。単なるオモチャなどではなく、中身は立派なパソコンだ。既にさまざまな分野で活躍している。ここでは、ウエアラブル端末の現在と未来についてレポートする。

 パソコンを購入したら、真っ先に実行したいのがOSやソフトのアップデート。日々更新しなければ、パソコンをまともに使うこともおぼつかない。ところが、アップデートを実行することで、原因不明の更新失敗や突然の再起動など別のトラブルに巻き込まれることがある。こうしたアップデートにまつわる怪現象の原因を探り出し、その対策について解説する。

 2015年7月末の提供開始以降、これまでは個人ユーザーを中心に導入が進んだWindows 10であるが、2016年からは企業への導入も加速していくと予想される。この連載では、中堅・中小企業向けに、Windows 10を企業に導入することの利点や、導入を計画、実行するために役立つ情報をお届けする。

 パソコンを使っている最中に、突如として現れるエラーや警告のメッセージ。そのまま放置するのは危険だが、対処方法は千差万別。戸惑うことも多いだろう。そこで本特集では、状況別に各種メッセージを整理して解説する。現実的な対応策や、Windowsが備える強力なツール類の使い方も紹介しよう。

注目コンテンツ