中堅中小企業のための

情報セキュリティ対策 2017

NTT東日本

 「ウチのような小さな会社が狙われるはずがない」―。セキュリティ対策にあまり積極的ではなかった中堅・中小企業が、今やターゲットとして狙われている。「ウチには盗られて困るようなデータはない」―。しかし万が一、自社が踏み台にされて取引先に迷惑をかける事態になってしまったら、今後のビジネスに深刻な影響を与えかねない。

 本サイトでは、情報セキュリティ、そして中堅・中小企業経営に明るい識者を迎え、標的型攻撃やランサムウエアなどの「外部脅威への対策」、情報漏えい防止や従業員管理などの「人的対策」、スマホやタブレット活用にかかわる「モバイル対策」について、解説してもらう。調査データや事例から、最新のセキュリティトレンドや見落としがちなポイントを明らかにする。

新着記事

V

セキュリティ

NTT東日本の情報セキュリティ対策 第4回

【NTT東日本】 利便性とセキュリティ機能を両立させたモバイルが「攻めのIT」に欠かせない

 モバイルをビジネスに活用しようとする中堅中小企業は少なくない。その一方、セキュリティの懸念からビジネス利用に二の足を踏む経営者もいる。セキュリティ対策を考慮した「守りのIT」を徹底しつつ、売上拡大や競争力向上など「攻めのIT」をいかに進め...

V

セキュリティ

NTT東日本の情報セキュリティ対策 第3回

【NTT東日本】 内部不正による情報漏えいのリスクにいかに向き合うべきか

 個人情報や技術情報などの重要情報は、お金と同価値といっても過言ではない。大量の個人情報を持ち出せば、数百万円、またはそれ以上で換金できるかもしれない。今までは大企業がターゲットとなっていたが、これからは中堅中小企業にもその矛先は向いてくる...

V

セキュリティ

NTT東日本の情報セキュリティ対策 第2回

【NTT東日本】 不正送金やランサムウエアなど、外部からの攻撃に対していかに備えるか?

 サイバー空間における外部からの脅威は高まる一方だ。しかも、最近は大企業だけでなく、中堅・中小企業が狙われるケースもある。

V

セキュリティ

NTT東日本の情報セキュリティ対策 第1回

【NTT東日本】 中堅中小企業に適したクラウド型セキュリティ対策に注目

 これまで、中堅中小企業はセキュリティ対策にあまり積極的ではなかった。「ウチのような小さな会社が狙われるはずがない」といった意識が、経営者にあったのかもしれない。しかし、こうした状況が大きく変わりつつある。

注目コンテンツ