コスト削減・効率化

新着記事

A

コスト削減・効率化

ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び

第63回 AIブームに翻弄されないために企業が知っておくべきこと

 現在のAIブームは従来と何が違い、企業は何を期待し、何に注意を払うべきなのだろうか?AIとはそもそも何か、という基礎知識も含め、調査データを交えながら答えを探っていくことにしよう。

A

コスト削減・効率化

製品&サービス

【シックス・アパート】 クラウドCMS「MovableType.net」の最上位プラン

 シックス・アパートの「MovableType.net」は、簡単に使い始められることを重視したクラウド型のCMS(コンテンツ管理システム)である。企業のコーポレートサイトのように定期的にコンテンツを投稿して更新するタイプのWebサイトを容易...

A

コスト削減・効率化

製品&サービス

【RPAテクノロジーズ】 RPA(ロボットによる業務自動化)を体験できるPoCパッケージ

 RPAテクノロジーズの「Digital Labor Platform」は、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトを試験的に導入できるPoCパッケージサービスである。

A

コスト削減・効率化

製品&サービス

【日本ユニシス、ユニアデックス】 IoT機器の運用監視を省力化するクラウドサービス

 日本ユニシスとユニアデックスの「IoTビジネスプラットフォーム IoTデバイス管理機能」は、IoTデバイスを遠隔で管理できるクラウドサービスである。

V

ホワイトペーパー

【日本ストラタステクノロジー】 中野サンプラザが「一人情シス体制で24時間365日稼働」を実現できたワケ

 複数の物理サーバーを仮想化し統合することで運用管理の効率化を図る企業が増えている。しかし、複数のシステムを仮想環境に集約する場合、サーバー基盤にはそれだけ高い信頼性が求められる。

>> もっと見る

連載一覧

 消費者の格安志向を受け、中古スマホへの関心が急速に高まっている。携帯電話大手各社は毎年、大量のスマホを下取りしているが、国内の中古市場に流通する端末数は年間200万〜300万台程度にとどまっている。市場が花開かない理由は何か。国内中古スマホ市場の光と影に迫る。

 本連載では、中堅・中小企業でよく使われるIT製品を上手に選択するポイントを解説します。IT製品の役割や主な用途を整理し、導入する製品を決める際の着目点をまとめています。

 マイクロソフトの「Office 365」は、馴染みの深いOfficeソフトを使えることに加えて、電子メールやオンライン会議といったサービスの数々がパッケージ化されたクラウドサービスだ。本連載はOffice 365の入門講座として、中堅・中小企業向けに導入と活用に必要な基礎知識を解説していく。

 本連載「Windows 8.1道場」では、Windows 8.1の操作手順だけでなく、Windows XP/Vistaユーザーが8.1に乗り換えたときに陥りやすい問題についても、できる限り取り上げることにした。基本となるデスクトップ操作を中心に解説していく予定だ。

 中堅・中小企業のシステム導入、IT化について、「よくある悩み」を取り上げ、専門家にアドバイスしてもらうシリーズ。サーバー、モバイルデバイスなどのハードウエアや、Saasなどで提供されるサービスの導入法、またそれらの活用方法などを解説。事故を起こさないためのセキュリティ対策、また社員のIT利用ルールまで、さまざまな疑問に答えていく。回答者は該当分野に強いITコーディネーター、ITコンサルタント、ITベンダーなど。

 ITサービス会社に勤める新人営業のD太君と先輩SEのM子さん。2人は最新のITキーワードで顧客に最適なソリューションを提案する名コンビです。今日はどんな商談に臨んでいるのでしょうか。

Excelのグラフは、作るだけなら簡単だが、自分の意図に合わせて見栄え良く表現するのは大変なこと。しかし、いくつかのテクニックを身に付けるだけで、グラフは思い通りに作れる。この連載では、意外と知られていないExcelのグラフづくりのツボを、実例を使って紹介していく。

 企業のデジタルマーケティングに大きな進化が起こりつつある。位置情報を利用して来店者の行動を可視化したり、ソーシャルメディアを通じて企業の商品やブランドに対する見込み客などの意向を把握したりと、より密に顧客とつながる企業が現れ始めた。鍵を握るのは、新型の決済サービスなどを駆使する「O2O(Offline to Online)」とワンツーワンで消費者とコミュニケーションが取れるようになってきた「SNS」の活用。企業システムにうまく連携させるためには情報システム部門の支援が欠かせない。

 Excelに代表される帳票ソフトが持つ使い勝手で、現場の担当者がタブレットやスマートフォンからビッグデータを手軽に扱える──。こんな機能を備えた「新世代帳票」の利用が加速している。牽引するのは、超「Excel」ソフトとも呼ぶべき製品群だ。ヤマハや小岩井乳業をはじめ現場主導のデータ活用を支えるべく導入する企業が相次ぐ。ビッグデータ全社活用を狙った新世代帳票の実態に迫る。

注目コンテンツ