注目記事

ITインフラ整備

塩田紳二「モバイルトレンド」

結局どんな形状のモバイルPCが生き残るのか

 2016年、筆者は4台のモバイルPCを購入しましたが、その中でいくつか学んだことがあります。

ITインフラ整備

データは語る

保守サポートが切れたOffice 2007、40万台以上

 トレンドマイクロは延長サポートが2017年10月10日に切れた米マイクロソフトの「Microsoft Office 2007」について、利用状況の調査結果を発表した。2017年9月末時点で40万6132台のPCがOffice2007を利用していた。

働きやすさ

5分でわかる!ビジネスメール

メールがなくなる!?としたら、次に来るツールは何?

メールがなくなるかもしれない、ビジネスメール研究所、存亡の危機と騒ぐ直井研究員をしりめに、落ち着いた様子の平野所長。フェイスブックやLINEの台頭で、メールの存在感が弱くなった?ビジネスメール研究所、窮地に陥る?

新着記事

A

売り上げアップ

ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び

第70回 導入済み企業の多くが支持するBIツールの必須機能

 「データに基づく経営戦略」は大企業のみならず、中堅・中小企業にとっても必須の取り組みになってきた。データを集計/分析し、企業が進むべき道を選択するうえで役立つのがBI(ビジネスインテリジェンス)だ。今回は、BIを既に導入している企業が、B...

A

コスト削減・効率化

うっかりミス撲滅大作戦

隠されたヒヤリハット、打ち明けやすい雰囲気を作れ

 日本ジェンパクト・ビジネスサービスの決算業務部は新人が間違いやすいポイントや、ベテランの暗黙知をリストにまとめ、「うっかりミス」の未然防止に動く。「プロセスを責めて、人を責めず」のスタンスを浸透させる研修も実施したところ、うっかりミスにつ...

A

ITインフラ整備

データは語る

ウエアラブル端末出荷台数は世界1割増、日本4割減

 IDC Japanによると2017年第2四半期(4~6月)に世界で出荷されたウエアラブル端末は前年同期比10.3%増の2630万台だった。「Apple Watch」や「Android Wear」などのスマートウォッチが前年同期比60.9%...

A

コスト削減・効率化

うっかりミス撲滅大作戦

現場に負担をかけず「うっかりミス」をなくすチェックリスト

 外部から請け負った決算処理業務で「うっかりミス」が多発──。こんな事態に直面した日本ジェンパクト・ビジネスサービスの現場で、ミス撲滅プロジェクトが発足した。「プロセスを責めて、人を責めず」のスタンスで調査した結果、2つの要因が浮かび上がっ...

A

コスト削減・効率化

うっかりミス撲滅大作戦

6700人の「うっかりミス」蓄積と指差し声出し確認で激減

 企業からコールセンター業務や、事務処理業務などを請け負うTMJはPCを使った作業のデータ誤入力といった「うっかりミス」の撲滅に乗り出した。社内で蓄積したうっかりミスを全社で共有したり、ミスの発生原因を解説する研修を開いたりしている。

A

セキュリティ

データは語る

ランサムウエアの検出割合、1位はやはり「WannaCry」

 トレンドマイクロによれば、日本で同社製品を導入したPCのうち、2017年1~6月に「ランサム(身代金)ウエア」を検出したのは2万1600台だった。種別に内訳を見ると最も検出されたのは5月中旬に世界で攻撃が確認された「WannaCry(ワナ...

A

コスト削減・効率化

できるプロマネの道具箱

できるプロマネ、仲間とゲーム感覚でタスクを洗い出す

 タスクの洗い出し、スケジュール作成作業にメンバーを巻き込むため、オープンストリームの岡本浩一氏はふせん紙や模造紙、プランニングポーカーといった、アナログな道具を活用する。

A

コスト削減・効率化

できるプロマネの道具箱

できるプロマネはOneNoteで思考過程をレビューする

 ウルシステムズの植田 淳氏は米Microsoftのデジタルノートアプリケーション「OneNote」をチームで活用する。ドキュメントを作るメンバーの思考過程を把握するためだ。

A

コスト削減・効率化

できるプロマネの道具箱

できるプロマネの金曜日、マインドマップでタスクを洗い出す

 複数のプロジェクトが同時並行で進むとタスクが入り乱れる。日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの小島英剛氏は、マインドマップと手帳でタスクの整理整頓をしている。

A

ITインフラ整備

データは語る

パブリッククラウド市場は年2割成長、デジタル化需要で4年後に1兆円超え

 IDC Japanは国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。2017年の市場規模は前年比27.3%増の4885億円に拡大する見込み。以降も年20%以上のペースで成長し、4年後の2021年には2016年比2.8倍の1兆986億円ま...

A

コスト削減・効率化

できるプロマネの道具箱

停滞した定例会議、できるプロマネが魔法のA4用紙で活性化

 週1回の定例会議を活性化するため、NECソリューションイノベータの岡部裕之氏は「アジェンダシート」と呼ぶ、A4用紙に両面印刷した会議資料を作成している。

A

コスト削減・効率化

できるプロマネの道具箱

敏腕プロマネはチャットボットに叱ってもらう

 インテックの松山浩明氏はチャットツール「Slack」を使って、システム監視のアラート通知を自動化している。これにより、24時間の障害対応を最小の時間でこなせるようにした。

>> もっと見る

注目コンテンツ