注目記事

セキュリティ

中堅・中小企業のためのIT担当者養成塾

第28回 運用管理のよりどころ「ITIL」のメリットは?

 今回は、ITILの知識を得ることのメリットとその学習方法などをご紹介します。どの企業でも、運用するにあたり、実情に合ったITサービスマネジメント運用マニュアルを作成し、それに基づいた手順書を作成します。

働きやすさ

ネットワーク図鑑

企業ネットワークのバックボーンエリアって何?

 企業ネットワークを、ユーザー接続エリア、インターネット接続エリア、サーバーエリア、バックボーンエリアの四つに分類したとき、バックボーンエリアは、残り三つのエリアを結ぶ、背骨のような基幹機能を果たすエリアだ。

ITインフラ整備

製品&サービス

iPad内蔵カメラの顔認証で打刻できる勤怠管理クラウド

 NECの「勤革時(きんかくじ)」は、iPadの内蔵カメラで顔を撮影するだけで本人を認証し、出退勤時刻を記録できるクラウドサービスである。

新着記事

A

ITインフラ整備

製品&サービス

コンパクトさを追求したHPEのPCサーバー機

 日本ヒューレット・パッカードの「HPE ProLiant Thin Micro TM200」は、コンパクトであることを追求した、1ソケット型のPCサーバー機である。

A

ITインフラ整備

ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び

第62回 「IT活用」と「本業」の距離感を計る

 「ウチの会社では特段、IT活用の必要性を感じないが、それでもITをもっと使った方がよいのですか?」 時折、ユーザー企業の方々からこのように尋ねられることがある。答えはその企業の規模、業種、固有の背景/事情などによって変わってくるが、1つ言...

A

ITインフラ整備

中堅・中小企業のためのIT担当者養成塾

第27回 中小企業が「ITシステムを運用管理」する方法

 これまでの運用管理では、システムを安定的に稼働させるための決められた手順を確実に実行することが求められていましたが、現在は、ユーザー視点に立ったサービスマネジメントが求められています。その際に参考になるガイドラインがInformation...

A

ITインフラ整備

ネットワーク図鑑

企業システムの中核部分サーバーエリア

 3番めに紹介するのがサーバーエリアだ。このエリアにはサーバー群を集中して設置する。企業における重要なデータや情報システム、基幹システムなどが動く、システムの「本丸」だ。

A

ITインフラ整備

製品&サービス

ICカードでデスクトップを呼び出せるシンクライアント

 アズムの「AZ Desktop Cloud Platform」は、シンクライアント端末とアクセス先の仮想デスクトップを結び付けるシンクライアント管理ソフトである。ユーザー認証手段としてICカードを使える。

A

ITインフラ整備

ネットワーク図鑑

社内LANを社外へ導くインターネット接続エリア

 企業内のネットワークも、インターネットに接続する場合はISPに接続する。その際、社内ネットワークとインターネットを接続する仲介役となる機器が必要だ。

A

ITインフラ整備

製品&サービス

1カ月で導入できる工場向けのIoT導入パッケージ

 日本システムウエア、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカードの3社が開発・販売する「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」は、工場向けのIoT導入パッケージである。

A

セキュリティ

キーワードで読み解く今どきのセキュリティ

標的型攻撃:中小企業も細心の注意を払うべき

 標的型攻撃とは、特定の企業を狙ったサイバー攻撃を指す。ワームプログラムをネットワークに放ったり、マルウエアを添付したメールをばら撒いたりする不特定多数を狙った攻撃ではない。「うちには狙われるような情報はない」と判断しているところがあったら...

A

ITインフラ整備

ネットワーク図鑑

パソコンなどの端末を接続するユーザー接続エリア

 業務で使うネットワークでは、適切なルールでエリアを分けてノードを置く。ノードにはエリアで必要な仕事しかさせないようにする。企業ネットワークの場合「ユーザー接続エリア」「インターネット接続エリア」「サーバーエリア」に分けると理解しやすい。ユ...

A

ITインフラ整備

製品&サービス

RPO/RTOレポートを備えた中小規模向けイメージバックアップソフト

 Arcserve Japanの「Arcserve Unified Data Protection v6.5」は、中小規模の企業情報システムに向いた多機能型のイメージバックアップソフトである。

A

売り上げアップ

製品&サービス

AIとロボットで接客できるようにするクラウドサービス

 ヘッドウォータースの「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」は、実店舗においてロボット型デバイスと人工知能(AI)を組み合わせた接客を可能にするサービスである。

A

ITインフラ整備

DATA&DATA

中小企業の1割が基幹刷新、クラウド活用の機運高まる

 ノークリサーチは国内の中小企業の基幹系におけるクラウド活用動向を調べた。売上高500億円未満の企業では、11.1%が今後1年以内に導入済みのERP(統合基幹業務システム)や基幹系システムを刷新すると回答した。

>> もっと見る

注目コンテンツ