• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • NEW最新号の特集と“看板コラム”で、日経パソコン、日経Automotiveを更新しました。(2017/06/20)

  • 最近よく読まれた記事を更新しました。おすすめ記事セレクションに記事を6本追加しました。(2017/06/09)

  • 最新号の特集と“看板コラム”で、日経コミュニケーション、日経ものづくりを更新しました。(2017/06/05)

ITproプレミアム会員向け独自記事ページカウント対象外

  • 誕生!インフラ×AI業界地図

     道路や建物をはじめとする社会インフラの整備を使命とする建設・インフラ産業。雇用の確保や地域経済を下支えしてきたこともあり、人員削減を目的とする施策はなかなか進まなかった。それが一変する。「i-Construction(アイ・コンストラクション)」と呼ぶ政策の下、AI(人工知能)、ビッグデータなど先進的なITを積極的に導入し、建設・インフラの現場の変革が始まった。なぜ、建設・インフラ産業が革命に動くのか。キープレーヤーは誰か。専門記者が独自作成した業界地図を手掛かりに、建設・インフラ産業の最新動向を押さえよう。

  • 激変!クルマ×AI業界地図

     AI(人工知能)、デジタル地図、音声認識、センサー――。様々な技術が急速に進化し、自動運転の実用化はもう目前まできている。「自動運転時代」に突入すれば、これまでの伝統は破壊される。自動運転、すなわち「クルマ×AI」の分野で、どのような会社が参入しているのか。専門記者が独自作成した業界地図を手掛かりに、激変している自動車業界の現実を把握しよう。

  • 民法改正ショック

     物品の売買や契約のルールなど「債権」に関する民法が改正される。これによって、システム開発契約の常識も大きく変わる。IT法務の最前線で活躍する上山浩弁護士が、改正のポイントを解説する。

「最新号のイチオシ」のアーカイブ一覧

2017年06月09日更新

  • 英アームVS米インテル AI戦争、始まる

     スマートフォン向けプロセッサで95%超のシェアを誇る 半導体設計大手の英アームがエンタープライズ分野に再挑戦する。 米インテルの盟友として「Wintel」の時代を築いた米マイクロソフトと 米ヒューレット・パッカード・エンタープライズというソフトウエアと サーバーの世界最大手と組んでインテルの牙城に攻め込む。 サーバー市場でのシェアを現在のほぼゼロから4年後の2021年までに25%まで引き上げる狙いだ。 アームとインテルの「AI戦争」の号砲が鳴った。セレクション記事のPDFをダウンロードする

  • “アップル代理店”と化した携帯大手3社 不平等条約から抜け出せるか

     iPhoneは今年(2017年)で生誕10周年を迎えた。iPhoneがどのように社会、IT業界、そして利用者個人の生活を変えたのか──。本連載では日本の携帯大手3社のビジネスモデルやネットワークに与えた影響を解説する。 セレクション記事のPDFをダウンロードする

2017年03月01日更新

  • 不幸なチーム 幸せなチーム

     働きやすく、モチベーションが高いチームを作る。そんな働き方改革の主役はチームリーダーだ。取り組み一つでメンバーの働きやすさや働きがいが大きく変わる。現場で磨かれた、幸せなチームを作るチームマネジメントの方法を紹介する。セレクション記事のPDFをダウンロードする

  • コネクテッドカーの鉱脈

     自動車業界は自動運転、コネクテッドカーの波で誕生以来、最大の変化に直面している。この変化に伴って、通信業界には大きなチャンスが訪れている。自動車業界向けビジネスがIoT(Internet of Things)分野で最大のビジネスと化しているからだ。コネクテッドカー産業の到来は何をもたらすのか。自動車業界、通信業界の最新動向を追う。セレクション記事のPDFをダウンロードする

2017年02月01日更新

  • 開発ツール/サービス最新事情 「開発レス」再加速

     できるだけ個別にコードを書かず、“在るもの”を使ってシステムを構築する「開発レス」。コンピュータの黎明期から、こうした動きはずっと続いてきたが、いまその動きが再加速している。ブースター役が、PaaSやSaaS、自動生成ツール、フレームワークなど、新たなツールやサービスの進化だ。セレクション記事のPDFをダウンロードする

  • CDO 破壊と創造の旗手

     2017年は「CDO元年」になる──。CDO(最高デジタル責任者)とはチーフ・デジタル・オフィサーの略で、企業のデジタル戦略を主導する新しい経営職だ。デジタルビジネスを主軸に置いた米ゼネラル・エレクトリック(GE)などで登用が始まり、日本でもいち早く設置する企業が出てきた。セレクション記事のPDFをダウンロードする

2017年01月04日更新

  • コンテナで即席化 次世代基盤の決定打

     コーヒーを飲むより早くシステムテストが実施でき、スケールや再起動といった運用の手間はいらない。こんな理想のITインフラに最も近い技術が「コンテナ技術」だ。システム運用の完全自動化を目指して進化を続けるインフラの最新動向を追った。セレクション記事のPDFをダウンロードする

  • 企業ネットを変える 2017年注目の新技術

     ブロックチェーン、コミュニケーションAI、エッジコンピューティング─。2017年の企業ネットワークに大きなインパクトを与える技術としてこの3つに注目した。先進企業の取り組みと共に注目技術のポイントを紹介する。セレクション記事のPDFをダウンロードする

2016年12月01日更新

  • 発射から到着まで 2017年パケット宇宙の旅

     パソコンから出たパケットは、様々な経路を通って目的地に到達する。インターネットにあるWebサーバーにアクセスするには、LAN、WAN、ファイアウオール、インターネットを通る。そこでパケットはどのように扱われるのか。パケットをロケットに見立て、パケットがたどる波瀾万丈の旅を解説する。 セレクション記事のPDFをダウンロードする

  • ランサムウエア 脅される日本企業

     企業システムなどの重要なデータを暗号化し、解除のための金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」。世界で数百億円の被害をもたらしてきたランサムウエアは今、日本の企業や団体を脅している。ランサムウエアの脅威の実態と効果的な対策を追った。セレクション記事のPDFをダウンロードする

2016年11月01日更新

  • 必修! ネットワーク監視

     ネットワーク管理者にとって、ITインフラの安定稼働は何よりも重要なミッション。トラブル発生の兆候をいち早く察知し、未然に防ぐことが求められる。そのために不可欠なのが、ネットワークやサーバーの稼働状況を継続的に確認する「ネットワーク監視」だ。セレクション記事のPDFをダウンロードする

  • セキュリティの心技体 「優先順位」が被害を減らす

     セキュリティは大事だが、時間や人員などつぎ込めるリソースには限界がある。最も効果的なのは「優先順位」を付けて被害を最小限に食い止めること。優先順位を的確に決めるには「心」「技」「体」というセキュリティの総合力が求められる。セレクション記事のPDFをダウンロードする

2016年10月03日更新

  • 10年やって分かった!クラウドの新常識25

     クラウドコンピューティングの象徴とも言えるAmazon Web Services(AWS)が米国で誕生して10年、日本に上陸して5年となる。クラウドを利用したり、導入を支援したりしているITエンジニアは何を経験し、現場はどう変化しているのか。今後、クラウドを活用するために必要な25の新常識を解説する。セレクション記事のPDFをダウンロードする

  • IoTの解、エッジ

     クラウドは強力なインフラだが、限界も存在する。代表はIoT(インターネット・オブ・シングズ)だ。ネットワークを経由することで発生する、わずかな遅延が制約をもたらす。端末でも処理を受け持つ「エッジコンピューティング」が、IoTの解となり得る。クラウドを補完するエッジの最先端を追った。セレクション記事のPDFをダウンロードする

2016年09月02日更新

  • 答えはGEにあり

     世界最大の重電メーカー、米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2020年までにソフトウエア事業の売上高を150億ドルに伸ばし、ソフト企業として世界トップ10入りを目指す計画を打ち出した。製造業やエネルギーなど全ての産業がデジタル化する流れの中で、どのような組織で、どんなテクノロジーを開発すべきか。創業138年目のITスタートアップ、GEにその答えがある。セレクション記事のPDFをダウンロードする