• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Close Up Keyword

[旬のキーワード]FinTech(フィンテック)、スティック型PC、クラウドソーシング

小口 正貴=ライター 2015/07/02 日経パソコン
出典:日経パソコン 2015年4月13日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

FinTech(フィンテック)

FinTechとはFinance(金融)とTechnology(技術)をかけあわせた造語のこと。ITの進歩により、金融サービスに特化したベンチャー企業が続々と生まれている。

 「FinTech(フィンテック)」とはFinanceとTechnologyをかけあわせた造語で、ITを活用した新たな金融サービスおよびその分野を指す言葉として使われる。近年、IT業界の大きなトレンドの一つとして注目されている。こうしたサービスの開発は主にベンチャー企業が担っており、日本でもさまざまなサービスが生まれている。

 サービスの種類は多岐にわたり、代表的な区分としては決済、会計、送金、資産管理・運用、融資、投資、仮想通貨(ビットコイン)などが挙げられる。例えば日本にも進出した米国のモバイル端末決済サービス「Square(スクエア)」は、カードリーダーをiPhoneなどのデバイスに挿してクレジットカード決済を可能にするサービスで、イベントなどの場で活用されている。なお米スクエアは米ツイッターの共同創業者であるジャック・ドーシー氏が興した企業である。

モバイル決済サービス「Square」の「Square」リーダーでクレジットカードを読み取るイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本でも同様のモバイル端末決済サービスとして「Coiney(コイニー)」などが注目されている。その他、クラウド会計ソフト「freee(フリー)」や、国内だけで350万人が利用しているオンライン家計簿「Zaim(ザイム)」など、身近な用途でも数々のサービスが生まれている。

 FinTechは米国や英国を中心に発展し、米国では2013年の時点で既に30億米ドルもの資金が同分野に投資されたという調査報告もある。今後は株式や銀行など、金融市場に特化した分野も注目の一つ。日本はニューヨーク、ロンドンと並ぶ東京という巨大な金融センターを抱えているため、こうした業務系のサービスも成長が見込まれる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ スティック型PC
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    屋内トレで夏を乗り切る、無料ヨガアプリの実力

     いよいよ夏休み。ひと息ついて、秋から年末にかけての忙しい時期に備えて、エネルギーチャージをしておきたいところだ。それに向けて大事になってくるのが、体のメンテナンスである。そこで今回は、ストレッチやヨガを自宅で実施するための無料iPhoneアプリから、3つを厳選して紹介したい。

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    エンジニアが知っておきたい夏バテ撃退法

     暑い日が続く2017年の夏。「夏バテ気味だ」と感じる読者は多いかもしれない。なかには猛暑で体力を奪われ、食欲が落ちている人もいるだろう。そこでこの夏休みスペシャルでは、IT企業でエンジニア向けの保健指導を務める金橋治美氏(保健師)に、夏バテを解消する夏休みの有意義な過ごし方を聞いた。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る