• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

伊藤浩一「モバイルライフ応援日記」

ファブレットユーザーの救世主登場! 6.8インチ液晶搭載の「HUAWEI P8max」をレビュー

伊藤 浩一=モバイル情報ブロガー 2015/09/25 ITpro

 みなさん、モバイルしていますか? 私はスマートフォンを常時3台、併用しています。シーンによって、最適なサイズやOSのスマートフォンを利用したいため、このような運用になっています。複数台を併用する私が、一台だけ、ずっと使い続けているスマートフォンがあります。ソニーモバイルのXperia Z Ultra(au版、SOL24)です。Xperia Z Ultraは、ディスプレイサイズが6.44インチもあり、ファブレットと呼ばれるジャンルの製品になります。iPhone 6 Plusでさえディスプレイサイズが5.5インチですので、Xperia Z Ultraはスマートフォンとしては巨大な製品です。

 スマートフォンのディスプレイが6インチ台になると、本体のサイズが大きくなってしまい、片手で操作するのは困難になります。立った状態で、片手操作をするシーンの多いスマートフォンにおいては、適したサイズとは思われていません。そんなこともあり、6インチサイズのスマートフォンはニーズがなく、スマートフォンは5インチ台、または、タブレットとして7インチ以上という機種が人気になっています。

 そんな不人気ジャンル、6インチファブレットのXperia Z Ultraを私は使い続けています。実は、このサイズが非常に気に入ってしまったからです。ディスプレイのサイズが大きければ大きいほど、ブラウザーなどで表示される情報量が大きくなります。ただ、スマホアプリは4~5インチのディスプレイに最適化されて作られたアプリが多いため、7インチ以上のタブレットで利用すると、表示部分に無駄が多く、使いにくく感じてしまいます。この点で6インチ台のディスプレイは、スマホアプリを活用するのに、限界の大きさではないかと思います。

 また、本体サイズも、7インチ以上のタブレットとなると、片手操作は確実に困難で上着やズボンのポケットに入れるにもちょっと大きい感じです。6インチ台ファブレットは、工夫すれば片手操作も可能で、さらに、ズボンのポケットにもギリギリ入る大きさとなります。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ヘビーユーザーが快適に利用できるサイズが6インチ...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る