• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニューストレンド

将棋電王戦はソフトが圧勝、人間が勝つには?

人間に配慮したルールでもプロ棋士は1勝止まり

大橋 源一郎=日経パソコン 2014/06/13 日経パソコン
出典:日経パソコン 2014年5月12日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「プロ棋士の中位以上の実力があると認めざるを得ない――」。プロ棋士とコンピューター将棋ソフトが対戦する「第3回将棋電王戦」の終了直後、日本将棋連盟の谷川浩司会長は、将棋ソフトの強さをこう評した。

 2012年に始まった電王戦は、今回が3年目。初めて現役棋士が将棋ソフトと団体戦を戦った昨年の第2回は、プロ棋士が1勝3敗1分と負け越している。今回、挑戦者の立場となった日本将棋連盟は「話題性があり、勝てるメンバーを集めた」(片上大輔理事)。第3回に参戦したプロ棋士5人の平均勝率は65.2%と、第2回(平均勝率58.8%)よりも高く、屋敷伸之九段、森下卓九段の2人は、ともに順位戦A級経験者。経験・実績とも、前回を上回る布陣を敷いた。

事前の練習対局も可能に

 第3回では、人間に配慮した条件変更もあった。

 最大の変更が、指定のパソコン1台でソフトを動作させるというルール。以前は消費電力しか制限がなく、第2回電王戦で三浦弘行八段(当時)を破った「GPS将棋」は、679台のパソコンによる並列処理で、毎秒2億7000万局面を読むことができた。これが新ルールでは、どのソフトも数百万局面ほどに抑えられた。

 また、プロ棋士側は対局前の数カ月間、本番で対戦するソフトとの練習対局が可能になった。第3局の豊島将之七段は1000局近い練習対局をこなしたという。さらに人間の疲労を考慮し、持ち時間が5時間に増え、夕食休憩が追加された。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ しかし、結果は1勝4敗。将棋ソフトが勝った4局は...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る