• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ここが変わった! Windows 8.1クイックレビュー

まずは8.1でみんなが気になる「スタート画面」周りから(前編)

井上 健語=ライター 2013/10/18 PC Online

 2013年10月18日、Windows 8.1がリリースされた。Windows 8ユーザーは、Windowsストアから無償でダウンロードして、アップデートできる。Windows 8.1のプリインストールパソコンやタブレットも、今後、各社から続々と発売されるだろう。

 さて、そもそも、Windows 8とWindows 8.1は何が違うのだろうか。0.1の違いとは、どの程度のものなのだろうか? 誰もが疑問に思うだろう。そこで、早速、Windows 8.1の新機能、強化された機能をレビューしよう。

1●簡単に切り替えられるようになった「スタート画面」と「すべてのアプリ」

 Windows 8.1では、インストールされているアプリケーションをすべて表示する「すべてのアプリ」画面が、より簡単に表示できるようになっている。マウスの場合、スタート画面左下の「↓」ボタンをクリックすれば、すべてのアプリが表示される。タッチ操作の場合は、画面に指を当て、上方向にスワイプするだけだ。

スタート画面の左下にある[↓]ボタンをクリックする。タッチ操作の場合は、画面を上方向にスワイプする。
[画像のクリックで拡大表示]

すべてのアプリが表示される。元に戻すには、左下の「↑」ボタンをクリックする。タッチ操作の場合は、下方向にスワイプする。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 2●スタート画面のカスタマイズ方法が変化! タイ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    CPU脆弱性問題、現場への影響を独自調査で明らかにしたい

     「パッチの適用は様子見している。別の問題が起きても困ってしまうからだ」。あるシステム運用企業の社長はこう打ち明けます。2018年1月3日に明らかになったCPUの脆弱性問題。IT各社は急いで修正パッチなどの対策を公開しましたが、この対策が思わぬ余波を引き起こしています。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る