• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ラボラトリー

Cyber-shot TX9を徹底レビュー! カンタン3D撮影&再生が楽しい薄型カメラ

Cyber-shot DSC-TX9(ソニー)

岩元 直久=フリーライター 2010/09/07 日経ベストPC+デジタル

 ソニーの2010年デジカメ夏モデルの中で、主力モデルの1台が「Cyber-shot DSC-TX9」だ(以下TX9と略す)。Tシリーズは、薄型のスタイリッシュモデルで、これまでにも多くのヒット機を生み出してきた。その最新モデルは、有効1220万画素の最新型の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を搭載、3Dの静止画を撮影する機能も備えて登場した。気になる3Dの使い方や楽しみ方をはじめとして、Cyber-shotの薄型最新モデルの使い勝手や機能をチェックしてみよう。

Cyber-shot DSC-TX9のスリムなボディ。これはダークグレーで、ほかにゴールド、レッドがある。実勢価格は約4万5000円。
[画像のクリックで拡大表示]

レンズカバーを閉じたところ。直線的ですっきりとしたデザインは、格好良く、かつ持ち手を選ばない。
[画像のクリックで拡大表示]

春モデルのTX7に高画素センサーや3D機能を追加

 TX9は、直接的には2010年春モデルのCyber-shot DSC-TX7の後継に相当する。Tシリーズには、TX7の後にCyber-shot DSC-TX5という派生モデルも販売された。しかし、TX5は防水・防塵機能を備えて、水中撮影も可能といったアクティブな側面が強いモデルである。コンパクトで上質なTシリーズの王道を歩むTX9としては、TX5よりも高機能なTX7からの成長を確認するのが正当だと思う。

 TX7とTX9の大きな違いは、突き詰めるとほぼ3点に凝縮される。1つは前述したセンサー。両者とも裏面照射型CMOSセンサーのExmor Rを採用しているが、TX7は有効1020万画素、TX9は新開発の有効1220万画素と200万画素の違いがある。2つ目は、同社のコンパクトカメラでは初めてとなる3D静止画の撮影機能を搭載したこと。3つ目はカメラがシーンを自動判別して最適な設定で撮影する「おまかせオート」に、「プレミアムおまかせオート」が新たに加わったことである。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 磨かれたTシリーズ伝統の薄型デザイン
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る