• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニューストレンド

無料のウイルス対策ソフトが相次ぐ

2009年後半に3製品がリリース、機能や利用環境などに制約

勝村 幸博=日経パソコン 2010/01/22 日経パソコン
出典:日経パソコン 2009年12月28日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

*1 Linux版も用意 *2 企業のPC5台まで無料利用できる「Small Business Edition」も用意 *3 ファイアウオールや有害サイトブロック機能なども備える。無料版は広告を表示
[画像のクリックで拡大表示]

 無料で利用できるウイルス対策ソフトの日本語版が相次いで公開されている(表)。2009年後半には、マイクロソフトなどから3種類の対策ソフトがリリースされた(下図)。

 これらの製品は、最低限のセキュリティを提供することが目的。有料製品と比べれば機能は少なく、利用環境やユーザーサポートなどに制限がある。だが、ウイルス対策機能に絞れば、有料製品と同等の性能を備えているとするメーカーは少なくない。「費用をかけたくないので、対策ソフトを使っていない」ユーザーは、利用を検討する価値がある。

 無料で利用できるウイルス対策は、これまでも存在した。その一つは、市販されているウイルス対策ソフト(セキュリティ対策ソフト)の評価版(試用版)。パソコンにプリインストールされることが多く、対策ソフトメーカーのサイトから自由にダウンロードできる。有料製品と同じ機能を持つものの、有効期限が設けられていて、多くは30日で利用できなくなる。このため、継続的なウイルス対策には利用できない。

 対策ソフトメーカーなどが提供するオンラインのウイルス検査サービスも、多くが無料である。Webブラウザーで検査用のサイトにアクセスすると、検査プログラムが一時的にダウンロードされて、ハードディスクにウイルスが潜んでいないかどうかをチェックする。このサービスの欠点は、リアルタイム検出ができないこと。「パソコンに常駐して、実行されそうになったウイルスをリアルタイムで検出する」といったことはできない。

図1 マイクロソフトが提供する無料ウイルス対策ソフト「Security Essentials」の画面例。2009年9月から提供している

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 無料で使えるのは個人だけ
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【越境エンジニア列伝】

    パクえの「え」はなぜひらがななのか

     今月取り上げるのは吉田雄哉氏。パブリッククラウドの伝道師「吉田パクえ」氏と言ったほうがピンとくる人は多いかもしれない。現在は日本マイクロソフトで「Microsoft Azure」の導入支援を手掛けている。今回は、オープンソースやクラウドと出会って日本マイクロソフトに入社するまでを聞いた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る