• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
あなたの使い方はもう古い!パソコンの新常識

NASへのファイルコピーは時間がかかる??

出典:日経パソコン 2009年8月10日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧
ネットワークの新常識!

ギガビット対応NASなら外付けHDDより高速

 NAS(network attached storage:ナス)は、ネットワークに直接につながるハードディスクのこと。LANに接続した複数のパソコンでデータを共有できる便利さが認知され、家庭でも職場でも導入するユーザーが増えてきた。

 だが、いざ使ってみると転送速度が遅く、使っていてストレスを感じたユーザーも多いはず。従来は、NASの画像ファイルをプレビューすると数秒待たされるという製品が多かった。NASをバックアップ先にしている場合は、大量のファイルをコピーするのに長い時間がかかった。原因は2つある。ネットワークの転送速度とNASの処理性能だ。

 最近のデスクトップパソコンは大抵、転送速度が1Gbpsと高速なギガビットイーサネット(1000BASE-T)インタフェースを備える。しかし、家庭内LANなどでは今でも100Mbpsの100BASE-TXで接続しているケースが多く、内蔵ハードディスクはもちろん、USB接続(480Mbps)の外付けハードディスクより転送速度はずっと遅い。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ もう1つの理由はNAS自体の処理性能。NASはパ...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る