• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

最新パソコン購入ガイド2009夏版

【戸田覚の最速レビュー】VAIO type Pの最新“XP”モデルは軽快に使える!

戸田 覚=ビジネス書作家 2009/05/26 日経ベストPC+デジタル

 「VAIO type P」は、2009年1月に登場したソニーの低価格ミニノートだ。このモデルを「ネットブック」と呼ぶべきかどうかは、やや微妙なところなのだが、2009年夏モデルでは、OSにWindows XPを搭載する新製品が登場し、よりネットブックらしくなっている。春モデルで登場したWindows Vista搭載製品も継続販売されるが、今回は注目のWindows XPモデル「VAIO type P VGN-P50」をレビューする。

 実機を手にすると、VAIO type Pのサイズが魅力的であることが実感される。幅24.5cm、奥行き12cmと非常に小さく、2cmを切る薄さだ。もちろん、小さいだけのパソコンはほかにもあるのだが、薄さとコンパクトさを両立したモデルは、まず見当たらない。新書本をちょっと長くした程度の大きさなので、かばんへの収まりは最高だ。

 重さはパーツ構成によって異なる、基本は600g台。SSDモデルでは500g台後半に収まり、逆に、大容量バッテリーを付けても700g台となる。日常的にかばんに入れておいても負担がまったくない。

 美しいデザインも注目したいところ。どちらかというと、安っぽいモデルも多いネットブックの中では、抜きん出た質感の高さだ。鉱石をイメージした塗装を施しており、小さい粒子を混ぜることで、光が当たるとキラキラと輝く。

 店頭モデルは昨シーズンと同様、赤(ガーネットレッド)、緑(ペリドットグリーン)、白(クリスタルホワイト)の3色展開だが、直販のVAIOオーナーメードでは一気に選択肢が増えている。昨シーズンから継続のオニキスブラックに加えパイライトゴールドが用意され、さらに、基本3色には柄入りモデルも投入されている。また、キーボードのカラーも、シルバーに加えてブラウンが選択できる。

「クリスタルホワイト」のVAIO type P VGN-P50/W。店頭販売モデルは3色のカラバリを用意する。Webカメラを内蔵しないほかは、継続販売のWindows Vistaモデルとほぼ同じボディーだ。実売価格は約8万5000円
[画像のクリックで拡大表示]

店頭販売のVAIO type P VGN-P50/G。色は「ペリドットグリーン」
[画像のクリックで拡大表示]

店頭販売のVAIO type P VGN-P50/R。色は「ガーネットレッド」
[画像のクリックで拡大表示]

直販のVAIOオーナーメードで用意する「オニキスブラック」。VAIOオーナーメードでは、「パイライトゴールド」や、柄の入った「フローズンクリスタル」なども選べる
[画像のクリックで拡大表示]

新色の「パイライトゴールド」
[画像のクリックで拡大表示]

天板に柄が入った「フローズンクリスタル」
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 液晶は美しく広大に使える
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FPGAって何?】

    FPGAはどうやって機能を組み替えるのか

     FPGAは、端的に言えばSRAMと配線の塊と言っても間違いではない。SRAMとはランダムアクセス可能なメモリーの一種で、記憶保持のための動作を必要としない点が特徴だ。なぜ、SRAMを使って回路が作れるのか、といったFPGAの本質的な話を今回は解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る