• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Windows 7レビュー

触って分かったWindows 7 RC、「超」詳細レビュー

「Windows XPモード」などを追加し、ベータ版から細部を改良

塩田紳二=テクニカルライター 2009/05/08 日経WinPC

 2009年5月7日、Microsoftは「Windows 7 RC」の配布を開始した。RCは「Release Candidate」の略で、「リリース候補」または「製品候補」と訳される。

 RC版は製品版と同等の機能を備えており、ユーザーに向けて広く公開し、さまざまな環境で動作テストを実施する。MicrosoftはRC版の公開以後、新たに機能を追加することなく、製品出荷までは不具合の修正だけをする。重大な問題が発生しない限り、仕様は変更されない。

 RC版の検証作業が順調に進めば今年の夏ごろに完成版となるRTM(Release To Manufacturing)版が出ると考えられる。

多くのドライバーを備える

 今回のWindows 7 RC版は、以前公開されたベータ版に比べると、ドライバーの種類が増えたようだ。今回試したところ、さまざまな周辺機器の専用ドライバーがWindows Updateを介してインストールされた。

 Windows 7から、指紋認証などの「生体認証」を標準でサポートするようになった。これまで、認証処理をサードパーティープログラムで代替できたが、画面インターフェースは標準で用意していなかった。Windows 7では、コントロールパネルに生体認証デバイスのプロパティアイコンなどが用意され、指紋リーダーのドライバーを用意するだけで、指紋認証によるログインが可能になった。今回テストで、指紋リーダー付きのPCにWindows 7をインストールしたところ、インストール後のWindows Updateで指紋リーダードライバーが組み込まれ、指紋認証によるログインができた。

 また、IntelのCPU、Atomで使われるチップセット「US15W」や内蔵グラフィックスの「Intel GMA500」や、無線LANなどもWindows 7 RCが備えるドライバーで動作した。その後、Windows Updateで最新のドライバーがダウンロードされた。

 Windows 7 RCでは、現行のデバイスのドライバーがほぼそろったようだ。追加のドライバーや最新のドライバーをダウンロードするため、Windows 7のインストール時には、インターネットに接続できる方がよい。もしドライバーが自動ではインストールされなかった場合は、Windows Vista用のドライバーが使えると考えてよい。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ RC版で「XPモード」などの新機能を追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIスピーカー競争】

    体験レポ、Amazon Echoで買い物をしてみた

     米Amazon.comのAI(人工知能)スピーカー「Amazon Echo」では、音声を使って「Amazon.com」での買い物ができる。音声アシスタントの「Amazon Alexa」に「ミネラルウォーターを注文して」などと話しかけるだけだ。シリコンバレー駐在記者がその使い勝手を試した。

  • 【HDDが壊れたら…】

    なぜハードディスクは壊れてしまうのか

     「ハードディスクからファイルが読み取れなくなった」。ユーザーから見て同じように見えるデータ消失の背後では、精密機械のハードウエアからOSやファイルを構成するデータといったソフトウエアまで、様々な破損が起きている。データ復旧の事前知識として、どうやってデータは“消える”のかを見ていこう。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る