• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニューストレンド

新型の記憶媒体「SSD」、離陸へ

32G~64GBが普及価格帯へ、臨界点は「09年春~夏」か

金子 寛人=日経パソコン 2008/11/04 日経パソコン
出典:日経パソコン 2008年10月13日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 磁気ディスクの代わりにフラッシュメモリーにデータを記録する、新たな記憶媒体の「SSD(solid state drive)」が、本格的な普及期に差し掛かっている。

 この9月に、米インテル、東芝、バッファローが相次ぎ2.5インチHDDと同サイズのSSDを発表(下写真)。アイ・オー・データ機器も早ければ10月に追随する。各社がこぞってSSDを出し始めた背景には、内蔵するフラッシュメモリーの3つの進化がある。具体的には、単価の大幅な下落と、それに伴う大容量品への移行、MLCの普及だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 フラッシュの単価は「1年間で半額が相場」といわれるほど急速に下がっており、しかもそれが何年も続いている。日経マーケット・アクセスの調べでは、 1999年に約1840米ドルだった1GB当たりの単価が、2007年には約9米ドル。この8年間で200分の1という驚異的な下げ幅だ。東芝や米サンディスク、韓国サムスン電子などメモリーメーカー各社が、フラッシュ市場での覇権を握るべく、競って工場や生産ラインを増設している。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ MLCと呼ばれる記録方式の導入が急速に進む
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る